軽量版Googleマップ「Google Maps Go」が登場。動作が軽く通信が不安定な環境でもスムース。通常版との併用も可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
グーグルは「Google マップ(Google Maps)」の軽量版となる「Google Maps Go」を日本でも提供開始した。Google Playにアクセスし、「Google Maps Go」で検索すれば表示されるのでインストールしてみよう。通常版の「Google マップ」と並存させることができるので気軽に試せる。


Google Maps Goは動作が軽快なので低スペックのスマートフォンでも動く上、通信環境が不安定な場所でも使える。

Google Maps GoはいわゆるPWA版と呼ばれるもの。PWAとは「Progressive Web Apps」の略。

起動/利用には内部的にChromeを使っていて、メモリ容量の少ないスマートフォンやネットワーク接続が不安定な環境などでも処理速度を下げずにスムーズに動作するように作られている。なぜ、このようなバリエーションが必要なのかというと、世界的にインドなどの新興国で販売される低価格・低スペックのスマートフォンのユーザーも多いため。通信環境も日本ほど安定していない地域がある。そうした環境用に開発された軽量版のOSである「Android Oreo(Go Edition)」向けのアプリがGoogle Maps GoなどのGoバージョンとなり、技術的にいえばPWA版ということになる。

Googleは現在、PWAの普及に力を入れていて、自社の様々なサービスのPWA対応を進めていて、Google Maps Goもその一つ。海外では2月に正式リリース済みだった。

最近の日本市場のスマートフォンはスペックの底上げが進んでいるし、日本では通信環境が悪い場所もあまりないので、基本的にGoogle Maps Goの必要性は感じないと思うが、冒頭で述べたように通常版のGoogleマップとの併用は可能なので、インストールだけしておいてもいいと思う。災害時など、通信環境が不安定な時などには重宝するかもしれない。

<▲図:「マップ」が通常のGoogleマップ、その右の「Maps Go」がGoogle Maps Go。並存できる>

Googleマップの基本的な機能はGoogle Maps Goでも使用可能だが、ターン・バイ・ターンのナビゲーションだけはできない。

<▲図:Google Maps Goの画面>

「Google Maps Go」アプリは下記リンク先からダウンロードできる。


【参考リンク】
Googleマップヘルプ/Google Maps Goについて
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑