【せう先生のスマホ講座】第86回:今年こそ本格普及?「Android TV」って何?(後編)

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆さん、「せう」です。こんにちは。体調はすっかり良く……なったわけではなく、気管支炎になってしまいました。空ぜきが辛いですorz

<▲図:Android TVって何ができるの?>

前回、テレビ・セットトップボックス(STB)向けのOS「Android TV」について解説しました。今回はその続きで、実際にどんなことができるのか見ていきます。

■できること1:動画を楽しむ

<▲図:「dアニメストア」のアプリもあります>

まず、動画を見れます。YouTubeはもちろん、Google Playストアからアプリをダウンロードすればいろいろな動画サービスを利用できます。

また、DLNAクライアントアプリを用意すれば、ホームネットワーク内にある動画・音楽ファイルの再生ができます。ただし、現状ではDTCP-IP対応のクライアントアプリは実質ないので、地デジ・BSデジタル・110度CSデジタルの録画番組は楽しめませんorz



■できること2:音楽ストリーミングサービス

<▲図:Spotifyも使えます>

Android TVは「AWA」「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスにも対応しています。専用アプリを使えば、Android TV対応テレビ・STBで音楽を「垂れ流し」にできます。



■できること3:ゲーム

<ストリーミングゲームも楽しめます>

Android TVは、意外とゲームアプリが充実しています。特にスクウェア・エニックスは有料のRPGアプリをAndroid TV向けに多くリリースしています。また、クラウドゲームのクライアントアプリもあるので、ハイエンドなゲームも意外と楽しめます。

ただし、ある意味当たり前かもしれませんが、USBかBluetooth接続のゲームコントローラーを別途用意しなければ操作できないこともあります。



■注意点もある

<▲図:ドコモテレビターミナルでは「niconico」が動きませんorz>

ただし、スマートフォンやタブレットとは異なり、Android TV向けアプリは動作機種を制限していることが多く、指定機種以外ではダウンロードできなかったり、ダウンロードできても機種チェックをしてあえて動かないようにしたりしていることが少なからずあります。

また、Android TV搭載のテレビ・STBはスマホ・タブレットと比べるとプロセッサ(SoC)の種類が多いせいか、インストールできたとしても動作が不安定だったり画面が乱れたりすることがありますorz

とりあえず、アプリをインストールする前に、自分が使っているテレビ・STBで使えるかどうか確認することをお勧めします。特に有料アプリの場合はなおさらです。

今年(2018年)は、Android TVがより普及しそうではありますが、この点はどうにかしないと広がりに欠けることになりそうです……。頑張れ、Google!!!!!(他力本願)




記事執筆者プロフィール
せう
ブログ:せうの日記、Twitter:@shoinoue

静岡県三島市で産まれ、静岡県駿東郡長泉町で生まれ育ったアメリカ系日本人3世。見た目が日本人離れしている反動で、身の回りの道具は日本で開発されたものだらけである。ITmedia、andronaviを始めとするWeb媒体を中心に執筆活動を展開。自前のブログ「せうの日記」も宜しくお願いします。

「せう先生のスマホ講座」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3日曜日更新予定!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑