ドコモ、LTEケータイ向けにカケホライトと2段階制のパケット定額を提供へ。月額1800円からLTEケータイを持てる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は19日、2016-2017冬春モデルの新製品を発表したが、ラインナップにはLTE及びVoLTEに対応した「ドコモ ケータイ」(フィーチャーフォン)2機種も含まれている。それらのLTE対応ケータイの発売に合わせて、ドコモは新料金プラン「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を21日より提供する。

<▲図:これら2プランとspモードを合わせて月額1,800円から>

「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」は、月額1,200円で5分以内の国内通話が回数制限なく掛け放題というプランで、5分を超過した分は30秒ごとに20円の通話料が発生する。

また、「ファミリー割引」や「ビジネス通話割引」に加入している場合は、グループ内では5分を超過した分も追加料金なしで通話できる。

「ケータイパック」はパケット定額サービスで、月額300円からスタートする2段階制。上限は4,200円だが、ドコモの契約年数が15年以上のユーザーの場合は、「ずっとドコモ割」を適用することで、上限は3,900円となる。

<▲図:「ケータイパック」のイメージ(※クリックして拡大)>

これらの2つのプランを組み合わせると「spモード」(月額300円)を加えても月額1,800円からとなる。

<▲図:LTE及びVoLTE対応ケータイ>

スマートフォンと比べて安価に運用できるので、現在フィーチャーフォンを長い期間使っていて、LTE対応ケータイに機種変更したい方も安心して切り替えられるはずだ。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/2016-2017冬春モデルについて
NTTドコモ/「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を新設
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑