ファーウェイの新スマホ「HUAWEI GR5」発売。5.5インチフルHD液晶、オクタコアCPU、指紋認証搭載で3万5千円前後

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは12日、MVNOサービス「DMM mobile」において、ファーウェイ・ジャパンのAndroidスマートフォン「HUAWEI GR5」の販売を開始したと発表した。取り扱うカラーバリエーションはゴールド、シルバー、グレーの3色で、本体価格は一括で34,800円(税抜)、24ヶ月の分割払いで月額1,850円となる。

<図:HUAWEI GR5>

HUAWEI GR5は1月28日に発表されたばかりの新製品で、ハイエンド機並みのスペックを備えつつ低価格、というコストパフォーマンスの良さが大きな魅力となっている。

DMM mobileだけではなく、IIJmioなど他のMVNOやファーウェイ公式通販サイトの「Vモール」などでも販売される。IIJmioでは若干遅れて16日に発売となるが、価格は少し安い。一括で32,800円(税抜)、24ヶ月の分割払いでは月額1,400円だ。

学生や新社会人に向けたコストパフォーマンスに優れたミドルエンド端末ということだが、スペックや機能は優れている。ディスプレイは約5.5インチのフルHD液晶で、CPUはQualcomm MSM8939オクタコア(クアッドコア1.5GHz+クアッドコア1.2GHz)で、メモリは2GB RAM、16GB ROM、バッテリー容量は3,000mAh、LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応し、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)準拠、OSはAndroid 5.1といった基本スペックだ。

ROMが16GBと少ないが、ゲームアプリをいくつも同時にインストールして遊ぶのでなければ大丈夫だろう。また、写真や動画をmicroSDカードに保存するなどしてストレージを上手く管理すれば問題ない。

ボディサイズは約76.3×151.3×8.15mm、重さ約158g。

メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素。メインカメラのレンズはF値が2.0で、反射及び指紋防止コーティングが施されている。約70mmまで寄れるマクロ撮影機能やスローモーション撮影機能、食べ物を美しく撮影できる「フードビューティー」機能なども搭載する。

サブカメラのレンズはメインカメラほど明るくなくF値2.4だが、広角88度で、複数人での記念撮影などにも十分対応できる。

ミドルエンド端末とはいえ、指紋認証センサーも搭載する。0.5秒程度で認証できる性能を持つ。さらに、ファーウェイ製品の指紋認証センサーの特徴だが、センサー部分は他の機能にも利用できる。長押しで電話応答したり、写真を撮影したり、上下スワイプで通知エリアの開閉などができる。慣れると便利だ。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ公式オンラインストアVモール楽天市場店
DMM mobile
IIJmio
Amazon/HUAWEI GR5
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 1 件
  1. セキュリティ重視のユーザは指紋認証を使わないようにしましょう。

    生体認証では本人拒否されたときには従来のパスワードでログインするのだから、利便性は向上してセキュリティは低下しています。セキュリティは下がってもよいから利便性を重視するという人に勧めるのは良いですが、より高いセキュリティを求めている人に勧めるのは駄目です。

    2016年2月14日 9:29

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑