【取材レポート】価格を抑えた使いやすいタフネススマホ「Qua phone KYV37」【au2016春モデル】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは12日、都内でauの新商品発表会を開催し、auオリジナルブランド「Qua(キュア)」シリーズ初のスマートフォン「Qua phone KYV37」(京セラ製)を2月上旬に発売することを発表した。

Qua phone KYV37

Qua phone KYV37は、「DIGNO rafre KYV36」や「TORQUE G02」と同じく防水・防塵そして耐衝撃性能をもつタフネススマートフォンで、ごく普通のスマートフォンのサイズながら安心の耐久性能を備えている。

Qua phone KYV37の前面

ディスプレイは約5.0インチ HD(720×1280ドット)液晶、CPUはQualcomm Snapdragon 410 MSM8916(1.2GHz クアッドコア)、内蔵メモリー(RAM)は2GBのミドルクラスのスペックのスマートフォンだ。あわせて価格設定が低めとなっている。auオンラインショップによると、一括払いで49,680円(税込)、分割払いでの他社から乗り換え時(MNP)には最大44,280円の割引となり、実質5,400円(税込)だ。

Qua phone KYV37の背面

カラーは「アイスブルー」、「シルバー」、「ブラック」の3色。ボディーサイズは幅約72mm、高さ約146mm、厚さ約7.9mm(最厚部約8.4mm)で、ごく普通のサイズに米国防総省の調達基準であるMILスペックレベルの耐衝撃性能を備えている。

面のあるソリッドなデザイン

背面の中央部分には金属パーツを使用し、質感を高めている。「面」のあるソリッドなデザインだが、持ちやすいように背面に向けて斜めにカットしてある。

背面のカメラは約1,300万画素、前面のカメラは約200万画素。カメラ機能には独自UI(ユーザーインターフェイス)で設定をグラフィカルに変更できるマニュアルモードがある。

背面カメラ

前面カメラ

撮影モード「マニュアル」

右側面(下の写真=上)には電源キー、ボリュームキー、SIMカード・microSDカードスロットがある。左側面(下の写真=下)の右端に見えるのがストラップホールだ。

右側面(写真=上)、左側面(写真=下)

上面(写真=上)、下面(写真=下)

上面(上の写真=上)にはイヤフォンマイク端子、下面(上の写真=下)にはストラップホールとmicroUSB端子がある。

男性・女性でも使いやすいシンプルなデザインにあわせて、さらにターゲットを絞ったケースが用意されていた。

au +1 collectionで取り扱うケースの展示もあった

女性をターゲットにしたブック型ケースの内側にはミラーがあるなど、実用性が高い保護ケースとなっている。

カバーの内側にミラーがあるブック型ケース

通話時にスピーカーを意識することなく、音をディスプレイの振動で伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載し、クリアな音声通話を可能とする「au VoLTE」にも対応する。キャリアアグリゲーション(CA)には非対応で受信時の最大通信速度は150Mbpsだ。

Qua phone KYV37の説明パネル

同日発表となった10.1インチタブレット「Qua tab 02」(ファーウェイ製)とリンクして使用できる機能「au シェアリンク」では、タブレットを操作中でもQua phone KYV37に届いた通知を確認できるなど便利な使い方をアピールしていた。

MILスペックの耐衝撃性能は、実際に店頭デモなどがあれば訴求力が高そうな要素で、価格面を含め勧めやすいスマートフォンに感じた。

(記事:mi2_303

【情報元、参考リンク】
au Online Shop
au/Qua phone KYV37製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑