UQ WiMAXオンラインショップがWiMAX 2+ルーターとNexus 9 or EeeBookとのセット販売キャンペーンや商品券1万円分の企画などを実施!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズの公式通販サイト「UQ WiMAXオンラインショップ」は毎月、WiMAX/WiMAX 2+対応ルーターの販売について、商品券などを特典としたキャンペーンを実施しているが、7月は企画の種類が増えている。

まずは普段の商品券企画からだが、期限は7月21日8時59分まで。

タブレットセット販売キャンペーンも登場

下り最大220Mbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT WX01」「Speed Wi-Fi NEXT W01」もしくはホームルーターの「URoad-Home 2+」を購入の場合は5,000円分の商品券が、「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」もしくは「URoad-Stick」の場合は1万円分の商品券が貰える。

商品券はJCBギフトカードなので利用可能店舗も多い。

WX01とW01


次に、今月から始まった新企画。

Androidタブレット「Nexus 9」かWindows 8.1搭載ノートPC「ASUS EeeBook X205TA」とWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターのセット販売だ。ルーターのラインナップはWX01、W01、HWD15の3機種。さらにおまけ特典として3,000円分のJCBギフトカードが付く。

ただし、注意したいのは、タブレットはタダではないということ。タブレットの希望小売価格とルーターの販売価格の合計金額から20,256円引きでのセット販売になるので気を付けたい。

Nexus 9セットの場合、端末代はHWD15との組み合わせでは1,500円、W01では3,500円、W01クレードルでは5,500円、WX01は3,500円、WX01クレードルでは5,500円となっている。EeeBookの場合も、組み合わせるルーターによって2,000円から6,000円だ。

他に、Nexus 9セットの場合は、24ヶ月間、「まとめてプラン1100」の月額1,019円を通信費に加算して支払う必要がある。合計24,456円だ。EeeBookの場合は、「まとめてプラン600」で月額556円×24で、13,344円。実質的にこの料金も端末代に充てられることになる形だ。

そのため、WX01やW01とNexus 9の組み合わせの場合は、ルーターとNexus 9の端末代は合計で実質3,500円+24,456円=27,956円ということになる。

Nexus 9はGoogleの公式ストア「Google ストア」では、ストレージ容量が32GBのWi-Fiモデルは49,570円なので、確かに2万円ちょっと安いことになる。EeeBookも同様。

さらに3,000円分の商品券がつくので、お得さで見たら、タブレットセットキャンペーンの方が商品券だけの企画よりも魅力的だろう。

Androidタブレットや手軽なWindows 8.1ノートの購入を考えている方で、MVNOサービス事業者ではなくUQコミュニケーションズとの直接契約でWiMAXルーターを利用したい場合には手頃なキャンペーン企画だといえそうだ。

キャンペーンページは下図のバナーリンクより。

 

【情報元、参考リンク】
各社のWiMAXキャンペーンまとめ記事
W01の紹介記事
W01の取材レポート記事
W01が最大でどれくらいの速度が出るか調べたレポート記事
WX01の紹介記事
WX01の試用レビュー記事
URoad-Stickの紹介記事URoad-Stickの実機レポート記事
HWD15の紹介記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑