WiMAX 2+対応ルーター新製品「W01」発表! 220Mbps、au 4G LTE対応。予約受付開始、30日発売予定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは15日、都内で新サービス・新デバイスの発表会を開始し、今春から提供する下り最大220MbpsのWiMAX 2+サービスの詳細と、新製品を3機種発表した。WiMAX 2+は現在下り最大110Mbpsのサービスとして提供中だが、最大速度が220Mbpsのサービスへとグレードアップする。

Speed Wi-Fi NEXT W01(左がMARINE、右がWHITE)

そして、今回発表された3機種のうち2機種が220Mbpsに対応する。新機種の内訳は、WiMAX 2+の220Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」(ファーウェイ製)と「Speed Wi-Fi NEXT WX01」(NECプラットフォームズ製)、そしてホームルーターの「URoad-Home2+」(シンセイコーポレーション製)だ。このうちURoad-Home2+は220Mbpsには非対応だ。

本記事ではW01を紹介したい。

なお、本記事は発表会後に会場で撮影した実機の写真も含めて追記する予定だ。

さて、今回から「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+」ではなく「Speed Wi-Fi NEXT」というフレーズが付けられることになったWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターだが、2機種の大きな違いは対応ネットワークにある。W01はWiMAX 2+とau 4G LTE(800MHz)に対応し、WX01はWiMAX 2+とWiMAXに対応する。

そして、W01は「キャリアアグリゲーション」に対応し、WiMAX 2+に使われる20MHz幅の周波数帯2つで同時に通信を行うことで下り最大220Mbpsを実現する。一方のWX01は「4×4 MIMO」で220Mbpsを実現している。この220Mbpsへの対応方式も2機種の異なる点だ。

なお、W01の220Mbps対応は3月末に配信予定のファームウェア・アップデートを導入する必要があるので注意してほしい。ファームウェアをアップデートするまでは下り最大110Mbpsでの利用となる。

そして、「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」と同様にau 4G LTEにも対応する。そのため、生活圏の一部がWiMAX 2+のエリア外、という方などの場合にはW01は最適だろう。そういったエリアではau 4G LTEでカバーできる。ただし、au 4G LTEの利用には、利用月のみオプション料(税抜1,005円)が発生するので、その点への注意も必要だ。とはいえ、5月末まではキャンペーンによってLTEオプション料は無料なので、それまでの間は自由に使える。また、WiMAXには非対応だ。

W01の機能面での特徴としては、初心者でも簡単にセットアップできる「かんたん設定」機能がある。

本体前面に搭載されたタッチパネルに表示される対話型のガイダンスによって利用開始までのセットアップが簡単にできるようになっているので、WiMAXルーターを使うのが初めての方でも分かりやすいはずだ。

「かんたん設定」でセットアップができる

また、スマートフォン向けに用意された管理ツールアプリも便利だろう。

アプリ「Huawei HiLink」をスマートフォンにインストールすれば、スマートフォンからの遠隔操作で電池残量や通信利用量などの確認が可能となっているので、ルーターを鞄の中にしまった状態でも情報をチェックできる。

アプリ「Huawei HiLink」の利用イメージ

ハードウェアの主なスペックは下記の通りだ。
  • 対応通信方式:WiMAX 2+、au 4G LTE
  • 最大通信速度(WiMAX 2+):下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
  • 最大通信速度(au 4G LTE):下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
  • 連続通信時間(CA適用時):WiMAX 2+で約8時間、au 4G LTEで約7時間20分
  • 連続待受時間:デフォルト設定:約730時間、クイックアクセスモード設定時:約36時間
  • Wi-Fi規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • Wi-Fi最大同時接続数:10台
  • サイズ:約120×59×10mm
  • 重さ:約113g
  • バッテリー容量:2,300mAh
  • 充電時間:約150分(付属のACアダプタ使用時)
  • カラーバリエーション:2色(MARINE、WHITE)

クレードルも用意される

なお、W01の予約受付は1月16日10時から開始され、1月30日に発売予定となっている。

2月19日までに、WiMAX 2+対応料金プラン「UQ Flatツープラス」に加入すると、月額3,696円(税抜)でWiMAX 2+が2年間使い放題となる「W01先行予約キャンペーン」が実施される。そして、2月20日以降は、新たに提供開始される「UQ Flatツープラス ギガ放題」に加入することで、「月間上限のない使い放題」で利用することができる。

さらに、W01のユーザーを対象に、LTEオプション料1,005円(税抜)を5月末まで無料とする「LTE無料キャンペーン」も実施される。

下にUQ WiMAXオンラインショップのほか、@nifty、GMOとくとくBBなど各社のキャンペーンページへのリンクを掲載したが、予約受付開始日時は各社で異なる。GMOとくとくBB、@nifty、So-netでは既に予約受付を開始している。GMOとくとくBBの場合はキャンペーン内容をこちらの記事にまとめている。ソネットとニフティの内容はこちらの記事を参照してほしい。


UPDATE
W01について、取材レポート記事を公開しました。
W01取材レポート記事

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
UQ WiMAXオンラインショップ
@nifty WiMAX2+
GMOとくとくBB WiMAX2+
BIGLOBE WiMAX 2+
So-net モバイル WiMAX
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑