【実機レポート】auにも登場のXperia新機種!使い勝手が進化した「Xperia Z4 SOV31」をチェック!【au2015夏モデル】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは先日、「au 発表会 2015 Summer」を開催し、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z4 SOV31」を6月中旬以降に発売することを発表した。今回の発表会ではKDDIは今夏向けスマートフォンのラインナップを「ハイスペックスマートフォン」「au オリジナルスマートフォン」という2つのカテゴリーに分けて紹介した。Xperia Z4 SOV31は、サムスン電子製「Galaxy S6 edge SCV31」、シャープ製「AQUOS SERIE SHV32」と同じくハイスペックスマートフォンにカテゴライズされる。

▲Xperia Z4 SOV31

本記事では、発表会の展示会場でXperia Z4 SOV31の実機を触ったレポートを写真とともに紹介していきたい。

Xperia Z4 SOV31はNTTドコモから発表となった「Xperia Z4 SO-03G」、そしてソフトバンクモバイルの「Xperia Z4 402SO」の兄弟機だ。64bitオクタコアCPUや約5.2インチ トリルミナスディスプレイ for mobile(解像度1080×1920ドット、フルHD)、3GBメモリー(RAM)、内蔵ストレージ32GB(ROM)と、ハイスペックカテゴリーにふさわしいハードウェア構成となっている。

▲背面のプリントは各キャリアごとに異なる

背面はセンター部分に「XPERIA」のロゴがプリントされ、下部に「au」のロゴがプリントされている。カラーは「ホワイト」「ブラック」「カッパー」「アクアグリーン」の4色でキャリアごとにカラーバリエーションが違うということはない。

▲持ちやすいラウンドした側面

デザインは前モデルの「Xperia Z3 SOL26」を踏襲したアルミフレームとゴリラガラスで構成されている。右側面にはカメラキー、ボリュームキー、電源キーが並ぶ。

▲左側面はシンプル

左側面にはau Nano IC Card 04、MicroSDカードスロットが防水キャップの中にある。上面にはイヤフォンマイク端子。

▲下面にmicroUSB端子が移動した

下面にはキャップレス防水仕様となったMicroUSB端子(中央部分)がある。マグネット式の充電端子が廃止されMicroUSB端子から充電を行う。それに伴って「ソニーモバイル卓上ホルダ01 01SOPUA」もオプション品として発売される。

MicroUSB端子が下面の中央になったことで高音質なポータブルアンプとの接続が容易となった。MicroUSB端子の左に見えるのはストラップホールだ。

▲コンパクトデジカメと同じ大型のイメージセンサーを搭載する

アウトカメラは前モデルと同じく約2070万画素Exmor RS for mobileを搭載する。

▲料理を認識するプレミアムおまかせオート

au版もプレミアムおまかせオート時の「料理」シーン判別がデモンストレーションされており、実際に発色の良さを体験できた。料理のシーンモードは単に彩度を上げるのではなく、世界各国の料理が網羅されたデータベースをもとに最適な色合いに調整するのだという。

▲Xperia Z4 SOV31とXperia Z3 SOL26との比較

Xperia Z4 SOV31(写真=上)と自前のXperia Z3 SOL26(写真=下)で同じ被写体をプレミアムおまかせオートで撮影してみたが、まるで色見本のような写真となったXperia Z4 SOV31に対してXperia Z3はいわゆる”ゾンビ風”の青みが強い写真となった。

▲デジラが浮かび上がるARエフェクト

au版のXperia Z4 SOV31だけの機能としてARエフェクトに「カケホとデジラ」のデジラが行進するエフェクトがある。行進するデジラは段々小さくなって消えてしまうので、手前のメールなどが描かれた箱をぶつけてパケットが復活(?)するゲーム的要素が盛り込まれている。

▲上部には約510万画素のインカメラ

インカメラは約510万画素の裏面照射型CMOSセンサーに画素数がアップし高画質なセルフィーを訴求している。

▲デスク上を動き回るユニークな「smart Bluetooth スピーカー BSP60」

展示会場にはau +1 collectionの「smart Bluetooth スピーカー BSP60」が展示されていた。このスピーカーはLEDが発光しながら前後左右に動くというギミックが搭載されている。また、アラーム機能や、ボイスコントロール、スマホと連携して声で検索して音声で答えてくれる機能もある。

▲LDACに対応した高音質ヘッドフォン「MDR-1ABT」

Xperia Z4 SOV31は、Bluetoothの高音質な音声圧縮技術「LDAC」に対応し、それに合わせてLDAC対応ヘッドフォン「MDR-1ABT」の展示も行われていた。音楽がケーブルレスで楽しめるMDR-1ABTは右耳側の表面でボリュームや曲送りの操作が可能だ。ケーブルを接続することでハイレゾ対応の高音質なヘッドフォンとしても利用できる。

▲完成度が高まったXperia Z4 SOV31

Xperia Z4 SOV31は、とがった機能や真新しさはないものの、auのXperiaシリーズとしては初となるVoLTEに対応し、キャップレス防水など使い勝手を向上させたモデルとなっており、弱点の少ないスマホに仕上がっている。

(記事:mi2_303

【情報元、参考リンク】
Xperia Z4 SOV31製品ページ
ドコモ向けXperia Z4 SO-03Gのレポート記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑