【EXPANSYS SIMフリー情報局】第51回:Nokiaブランドを廃したMicrosoftブランド初のWindows Phone 「Microsoft Lumia 535」、キャタピラーのスマホ「CAT S50」等を紹介

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今回は、米Microsoftが2014年10月に、同社のWindows Phone「Nokia Lumia」シリーズのブランド名を「Microsoft Lumia」に変えることを正式に発表してから初のMicrosoftブランドとなるLumiaシリーズの第一弾スマートフォン、「Microsoft Lumia 535」をご紹介したい。

≪Microsoft Lumia 535≫

Microsoft Lumia 535

同社は10月の発表までは、フィンランドNokiaのハードウェア部門の買収を完了してから発売したLumiaシリーズ端末でもNokiaのロゴを表示していたが、Lumia 535からはNokiaロゴは消滅した。

色は上に掲載したブラック、ホワイトと、このオレンジ、グリーンの4色。

前面と背面に「Microsoft」のロゴがあり、「NOKIA」のロゴは完全に消えたが、Lumiaシリーズ特有の蛍光カラーは健在だ。

綺麗な印象を与える明るいカラーを採用している。

前面にも「Microsoft」のロゴが描かれている。

Microsoftはブログで、Lumia 535を“5x5x5計画”を実現したものと説明している。3つの5とは、5インチディスプレイ、500万画素のフロントカメラ、Microsoftの5つのサービスを指しており、5つのサービスとはSkype、Office、OneDrive、Cortana、Outlookのこと。これは、他社1社では実現できないものとして強く打ち出していくということだ。

Skype、OfficeなどMicrosoftのサービスも特徴。

ディスプレイサイズは5インチ


Lumia 535は、新興国向けの廉価版モデルではあるが、5インチディスプレイは解像度が960×540ドットのqHDとなっており、プロセッサも1.2GHzクアッドコアと、それなりに高いスペックになっている。セルフィー(自分撮り)人気を受け、フロントカメラも500万画素で、エントリーモデルとは思えない高画質であることも魅力だ。

また、デュアルSIMバージョンでは、SIMスロットを2つ備えている。

デュアルSIMバージョンでは、SIMスロットが2つある。

標準で日本語も入っているので安心だ。

標準で日本語が使える。





さて、今回はLumiaの他にも、いくつかのメーカーのスマートフォンをご紹介したい。


≪CAT S50≫

「CAT」のロゴでお馴染みの米国の建機メーカー Caterpillar(CAT)社のタフネス・スマートフォン「CAT S50」を紹介したい。OSはAndroid 4.4。頑丈さでは、IP67 の防水・防塵に加え、米国防総省の調達基準であるMIL規格(SPEC 810G)に準拠した耐衝撃性や耐温度性などを備えている。また、カバーガラスには化学強化ガラス「ゴリラガラス 3」を採用する。タッチパネルは濡れた手でも操作できるようにもなっている。ネットワークではLTEにも対応している。

CAT S50

いかにもタフそうな見た目だ。

「CAT」のロゴは前面にも描かれている。濡れた手でも操作できるようになっている。




≪ZTE Nubia Z5S mini≫

ZTE社のAndroidスマートフォン「ZTE Nubia Z5S mini」は、シャープ製の「IGZO液晶」を採用している点が大きな特徴。ディスプレイサイズは約4.7インチで、LTEにも対応している。

ZTE Nubia Z5S mini




≪LG L BelloとLG L Fino≫

LGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン2機種。5インチディスプレイを搭載し、デュアルSIM仕様の「LG L Bello Dual」と4.5インチディスプレイを搭載した、エントリー向けの低価格モデル「LG L Fino Dual」。

LG L Bello DualとLG L Fino Dual



今年も残りわずか。日本では、ASUSやファーウェイがSIMフリー端末を出したり、2015年5月のSIMロック解除の動きや、MVNO市場の活性化など、スマートフォンやタブレットに関する話題は事欠かないが、来年はどのような動きになるだろうか? 世界のSIMフリー端末を取り扱うEXPANSYSでは、日本ではまだまだ手に入りそうもないメーカーのスマートフォンが続々入荷中なので、残り少ない年内または来年も是非EXPANSYSに注目して欲しい。


※編集部より:2015年1月1日更新回はお休みとさせて頂き、1月8日から再開する予定です。宜しくお願い致します。


記事執筆者プロフィール
EXPANSYS
ウェブサイト、Twitter:@EXPANSYSJapan
Facebook:EXPANSYS Japan

EXPANSYSは、1998年に創業。SIMフリーのスマートフォン/タブレット、アクセサリを販売するオンラインショッピングサイトを運営する世界的なリーディングカンパニーです。現在では120を越える国々へ商品の発送を行っています。(50か国/地域のサイトで販売を行っており、12のパートナー会社で200を越えるサイト運営をしています。その数は今も尚増え続けています。)本社はイギリスで、EXPANSYS PLCは、ロンドン市場(AIM)に上場しています。コラムは香港よりEXPANSYS Japanの日本人スタッフがお届けしています!

週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑