DeNAが無料の週刊マンガ誌アプリ「マンガボックス」を創刊。異なる出版社の漫画家が集結し、創刊号から28作品!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
主に「Mobage(モバゲー)」の運営で知られるディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は4日、人気マンガ家の連載作品を無料で読むことのできるスマートフォン及びタブレット向けサービス「マンガボックス」を提供開始したと発表した。

マンガボックスのイメージ

このマンガボックスは、いわゆるバーチャルな週刊マンガ雑誌。紙の雑誌の場合は書店やコンビニなどで毎週購入することになるが、マンガボックスの場合はアプリをダウンロード/インストールするだけで、手元のスマートフォンやタブレットで手軽に読むことができる。

紙のマンガ誌のように最新号がリリースされる曜日は決まっている。毎週水曜日に最新号の更新が開始される。ただし、紙の雑誌との違いとして、全作品が水曜日にまとめて更新されるのではなく、毎日3から5作品ずつ一週間で全作品が更新される形となる。

しかも、講談社、小学館などとの連携によって異なる出版社の人気漫画家の新作や人気マンガのスピンオフ作品などを「マンガボックス」に集約し、計28もの作品を創刊号から連載する。

アプリなのでバックナンバーの閲覧も手軽で、最新号を含む過去12号分の閲覧がいつでもできるようになっている。さらに、それ以前の部分については、各作品の冒頭100ページ程度を「マンガボックス」のアーカイブから閲覧できるとともに、紙のマンガ雑誌と同様に電子書籍化したり、単行本化したりする。

この「マンガボックス」の編集長には、マンガ原作者、脚本家、小説家として活躍する樹林伸(きばやししん)氏が就任する。樹林伸氏は数多くの別名を持ち、特に週刊少年マガジンの読者には良く知られた原作者だ。

「金田一少年の事件簿」「サイコメトラーEIJI」「クニミツの政」「シバトラ」「GetBackers-奪還屋-」「神の雫」など、作品は数多く、現在は週刊少年マガジンの「エリアの騎士」を「伊賀大晃」名義で連載している(マンガは月山可也氏)。

「マンガボックス」はAndroid及びiOS端末で利用可能で、料金は冒頭で紹介したように無料だ。


【情報元、参考リンク】
Google Play/マンガボックス
App Store/マンガボックス
マンガボックス公式紹介サイト
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑