KDDI、2月28日10時よりWiMAX対応スマートフォンを発表へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
参考画像:米Sprint Nextel向けHTC EVO 4G.
KDDIが28日10時からWiMAX対応スマートフォンを発表することがSankeiBizより明らかになった。同日KDDIはau携帯電話の新モデル発表会を開催する予定だが、いよいよWiMAX対応モデルがお披露目される。

なお、披露される機種は台湾HTC製「HTC EVO 4G」をベースにしたものになる可能性が高いとみられている。あくまでも噂レベルの話に過ぎないものの、HTC EVO 4Gベースのスマートフォンであれば、十分ハイスペックな端末になる。

HTC EVO 4Gは米通信事業者Sprint Nextel向けに昨夏リリースされたスマートフォンで、昨年中に約300万台出荷されるヒット商品になった。CPUはQualcomm QSD8650 1GHz、内蔵メモリは512MB RAM/1GB ROM、ディスプレイは4.3インチTFT液晶(解像度:480×800)、カメラは8メガピクセル、720p動画撮影対応。前面に1.3メガピクセルのインカメラも搭載する。そのほか、HDMI出力をサポートしている点も特徴の一つ。バッテリー容量は1,500mAhだ。もちろん、このスペックはSprint Nextel向けモデルでの話だが、実際に国内投入される場合もハードウェアの基本構成には大差ないものと考えられる。もちろん、スペックが向上していればなお良い。

KDDIは今後の施策として“Multi-Network”を掲げており、3G/WiMAX対応機種の投入予定をすでに表明している。

28日の発表会で実際に何が出てくるのか期待して待ちたい。

なお、“Android au”は「IS03」に続き、「REGZA Phone IS04」もヒットしている。REGZA Phone IS04はGfk Japan調べの携帯電話販売ランキング(2月7日~2月13日)で総合1位に立っている。この2機種に続くヒット商品が次の新モデルの中に存在しているのか、注目だろう。

下に掲載した動画は米Sprint Nextel向けHTC EVO 4GのPR動画。


【情報元、参考リンク】
SankeiBiz/ビジネスライブ 2011年2月28日
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑