Apple、FlashやSilverlightに対抗するフレームワーク「Gianduia」を開発中

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
AppleによるiPhone OSデバイスからのAdobe Flashの締め出しの問題に端を発する両者の確執の話題が絶えないここ一月だが、新たな展開が浮上した。

AppleがFlashやマイクロソフトのSilverlightに対抗する新フレームワーク「Gianduia(ジャンドューヤ)」の開発に取り組んでいるというものだ。Gianduiaを利用すればFlashライクなリッチコンテンツを制作することができるという。将来のiPhone OSで利用できるかどうかはわからないが、遅かれ早かれ対応するのは間違いないだろう。

なお、GianduiaはすでにAppleのiPhone予約システムで利用されているという。


AppleはiPhone OSにおけるウェブに関してはHTML5、CSS、JavaScriptなどの標準技術を採用する方針だと表明しているが、Flash対抗技術を自前で開発し、それを普及させ、将来iPhone OSに組み込むつもりであれば、主張と実際にやっていることが食い違うことになりかねない。また批判を呼ぶことになるかもしれない。

しかし、Flashが時代遅れの技術と評される声にも一理あり、Operaのプロダクトアナリスト、Phillip Gronvold氏なども同意している。とはいえ、Flashが近い将来も存続することは間違いなく、今それを捨て去るのは早すぎると指摘する声もある。

それはさておき、Gianduiaも気になる技術の一つであることは確かだ。

Gianduiaの初出は昨年夏に開催された「World of WebObjects Developer Conference(WOWODC)」。すでに紹介済みの技術であり、6月に開催されるAppleのWWDCではその続報が発表される予定になっている。

AppleとしてはHTML5だけではカバーできないリッチコンテンツの制作がGianduiaを利用することで可能になると考えているようだ。コンテンツの呼び出しはJavaScript経由で行えるという。

現時点では詳細は不明なので、WWDCでの発表を待ちたい。

ちなみにGianduiaの名称はイタリア「Caffarel(カファレル)」社のヘーゼルナッツチョコレートから来ているという。同社のGianduiaのページはこちらだ。
http://www.caffarel.co.jp/contents/gianduia/

情報元:AppleInsider/Apple developing Flash alternative named Giandui
Photo by fugzu.
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑