Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

楽天モバイル、iOSでの一般着信とSMS応答の標準アプリへの変更がついに実施。Rakuten Link以外からの着信等には注意

楽天モバイルは6日、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」のiOS版の仕様変更を順次開始した。当初はiOS向けRakuten Linkアプリの仕様変更は6月15日としていたが24日に延期、そこからさらに延期となり、最終的に本日6日に導入されることになった。

<▲図:音声通話について>

本件は楽天モバイルでiPhoneを使っているユーザーにとって注意すべき仕様変更なので、詳細を公式サイトで確認しておくべきだ。というのも、場合によっては着信した電話に折り返す際、意図せず通話料が掛かったり、SMSでも料金が発生する可能性があるからだ。

楽天モバイル/【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ(2021年7月5日更新)

そもそも楽天モバイルではRakuten Linkアプリを使っての音声通話やSMSは無料となっている。

ところが6日実施のiOS向けRakuten Linkの仕様変更によって、Rakuten Linkeを使わずに掛かってきた音声通話の着信応答がRakuten Linkアプリではなく、iOS標準の電話アプリに変わる。同様にSMSもRakuten Linkアプリではなく標準のメッセージアプリに変わる。ということは、通知を開き、そこから返信してしまうとiOS標準アプリを使って発信/送信することになり、通話料やSMS送信料が発生してしまう。

もちろん相手がRakuten Linkアプリを使って電話を掛けてきた場合、SMSを送ってきた場合には問題ない。従来通りRakuten Linkアプリが応答するので、気にせず返信して構わない。

しかし、基本的に無料で通話/SMSのやり取りを行いたい場合、楽天モバイルのiPhoneユーザーは、どのアプリで着信したのか意識して確認する必要がある。少なくとも何も考えずに通知を開いて即返信、という操作はしない方がいいだろう。うっかり標準アプリで返信しかねないからだ。そして、返信は必ずRakuten Linkアプリで行う必要がある。SMSも同じだ。

<▲図:SMSについて>

なお、本件はiOS版のみの話で、楽天モバイルのAndroidスマートフォンのユーザーは今までと変わりない。特に気にせず、今まで通りRakuten Linkアプリが電話とSMSを受けてくれるので、そのまま折り返して構わない。

情報元、参考リンク
楽天モバイル/【重要】Rakuten LinkアプリiOS版の仕様変更に関するお知らせ(2021年7月5日更新)
楽天モバイル公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    実際、結構面倒になると思いますが、おそらくこればかりは仕方ないのでしょうね。Androidの場合は関係ないので、正直な話、音声通話(電話)を毎日のように使う人、特に相手が楽天モバイルかどうかわからないなど、家族・友人等、決まった相手以外とも電話を使う機会が多い方の場合は、Androidの方が楽でしょうね。一方、電話をほとんど使わないとか相手が決まっている場合は、別にどちらでも構わない気がします。

    返信削除