Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

OCNモバイルONEの最新在庫状況(日々更新)。セールや再販タイミング等も解説!

(2021年9月2日更新)NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM/スマホサービス「OCN モバイル ONE」(オーシーエヌ モバイル ワン)では様々なセール/キャンペーンを行い、人気のスマートフォンが大幅割引販売されることもあり、注文が殺到し、瞬く間に売り切れることもある。一方で、非常に高い人気を誇る機種の場合には、一定数量を販売した後に一時的に「品切れ」表示として翌日に再販するような形式を採用して毎日のように購入チャンスが提供されることもある。随時販売形式を試行錯誤していることが読み取れるので、お目当ての機種がある方は、できれば定期的に公式サイトをチェックすることを勧めたい。また、現在実施中のセールはこちらの記事を参照して欲しい。

<▲図:「OCN モバイル ONE」>

「OCN モバイル ONE」のセールでは特に新機種発売時に行われる約2週間に渡る発売記念セールが注目で、大抵は発売から数日は購入しにくい状況と化すものの、1週間、10日程度が経過するとある程度購入しやすい状況に落ち着くので、決して「99%買えそうもない」という、どうしようもない状況にはなりにくい。しかし、販売形式の実態を知らないと買い逃す恐れがあるので、本記事では「OCN モバイル ONE」のセール/キャンペーンの概要や在庫情報をお伝えしたい。なお、在庫情報に関してはできる限り日々更新予定だ。

「OCN モバイル ONE」公式サイト


セール、キャンペーン概要

4月以降の「OCN モバイル ONE」では、基本的に下記のセールが実施されている。

  • 新機種発売時の発売記念セール
  • 定期的に行われる人気スマホSALE
  • 大特価セール

まず、3つ目の大特価セールは、4月1日から16日まで実施された特大のセールキャンペーン。この大特価セールは「OCN モバイル ONE」が大幅値下げした新料金プランを4月に提供開始することを記念して行われたもので、通常の各種セール以上の規模で行われ、非常に大きな注目を集め、人気機種は瞬く間に売り切れた。いつサイトをチェックしても在庫切れだらけの、異常ともいえるほどの人気振りだった。さすがにこの規模の大特価セールはそれ以来、本記事執筆時点(8月10日)までは行われていない。しかし今後再びこの規模の大特価セールが行われる際には要チェックだ。

次に新機種発売時の発売記念セールだが、基本的には「OCN モバイル ONE」で普段実施されるセールでは、この発売記念セールが最もお得だ。「機種の値段はセール後も安いんじゃないの?」とか「最終的には徐々に安くなるんでしょ?」と思われるかもしれないが、確かに発売記念セール後も、他社からの乗り換え(以下、MNP)ならば同程度の価格で購入できる例が多い。それに、当然いずれは徐々に安くなる。しかし、発売記念セールでは基本的にMNPだけでなく通常の新規契約も対象とした割引なので、契約形態の間口が広いというのが最大の魅力だ。

また、一度在庫が切れると、再入荷/再販がなかなか行われないという場合もあるので、発売記念セール中に購入できるのであれば、その時に買ってしまうのが無難だろう。

最後に、定期的に行われる人気スマホSALEだが、このセールは6月から実施されている。各月の上旬と下旬の2回行われ、切り替えの際には特価対象機種の入れ替えと、各機種ごとの割引額/販売価格の改定が行われる。一見代り映えしないセールに見えがちなので、チェックを怠りがちになりかねないが、意外と大幅に変わることもあるので要チェックだ。このセールは6月、7月、8月は行われているが、今後も同じスタイルで実施されるのかどうかは分からない。前述したように、大特価セール、発売記念セールほど間口は広くないものの、MNPであれば安さ、お得さは同程度なので要チェックだ。特に、人気スマホSALEでは毎回1円の超特価販売機種も指定されるなど、一部の機種は大特価セールや発売記念セールに劣らないお得度となっている。もちろん8月も実施中だ(こちらの記事参照)。


再入荷/再販タイミングについて

すでに簡単に書いたが、再入荷/再販タイミングは「OCN モバイル ONE」のその時の販売形態に左右される。試行錯誤しながら随時変更しているようなので、少なくとも直近数か月の事例を紹介することしかできないし、筆者の推測となる点はご了承頂きたいが、毎日品切れと再販を繰り返す機種もあれば、一旦売り切ってしまってから次の入荷まで再販がない、という機種もあるように見える。しかし、4月以降人気を集めた「Xiaomi Redmi Note 10 Pro」、「Motorola moto g30」「Xiaomi Mi 11 Lite 5G」なども、発売直後の数日間は購入しにくい状況が続いたものの、その後は少なくとも午後の数時間は購入できる環境が提供されていたので、今後もお目当ての新機種が発売されるときには、仮に数日間購入できなくとも、定期的に「OCN モバイル ONE」公式サイトをチェックすることを勧めたい。

また、「OCN モバイル ONE」公式サイトにおける端末販売は、同じNTTグループのNTTレゾナントが担当している。そしてNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」がそうであるように基本的には土日祝日はお休みとなるので、休日の再入荷は行われていない印象だ。もちろん休日だろうと「品切れ」表示になっていない機種の注文手続きはできる。しかし、土日祝日は再入荷の期待はしにくいので、仮に土日祝日も含めて在庫切れの表示が数日間続いたとしても、諦めずに休日明けに「OCN モバイル ONE」公式サイトをチェックすることを勧めたい。


端末在庫状況(2021年9月2日時点)

在庫状況は随時変化するので、基本的には「OCN モバイル ONE」公式サイトで確認して欲しいが、本記事でも各機種の人気状況、売れ行きの大まかな傾向や在庫の変化などはある程度掴めると思うので、参考になれば幸いだ。

「OCN モバイル ONE」公式サイト

※下記の在庫リストでは「在庫あり」の機種には「○」を付けている。「販売終了?」と書いた機種は、リストから削除されているため販売終了だと考えられる。ある程度の期間販売されていないようであれば、終了確定とみて下記のリストからも削除。

  • ASUS ROG Phone 5:在庫切れ→販売終了?
  • ASUS ZenFone 7:○
  • ASUS ZenFone 7 Pro:○
  • ASUS ZenFone 8:在庫切れ
  • ASUS ZenFone 8 Flip:在庫切れ
  • AQUOS zero2:販売終了?
  • AQUOS sense3:在庫切れ→販売終了?
  • AQUOS sense3 plus:在庫切れ→販売終了?
  • AQUOS sense4:○
  • AQUOS sense4 plus:○
  • AQUOS sense5G:○
  • moto g8:在庫切れ→販売終了?
  • moto g8 plus:○
  • moto g9 play:在庫切れ→販売終了?
  • moto g30:在庫切れ
  • moto g100:在庫切れ
  • moto g PRO:○
  • NETGEAR AirCard AC797-100JPS:○
  • OPPO A5 2020:○→在庫切れ→販売終了?
  • OPPO A54 5G:○
  • OPPO A73:在庫切れ→○
  • OPPO Find X3 Pro:○
  • OPPO Reno A:○
  • OPPO Reno3 A:○
  • OPPO Reno5 A:○
  • TCL 10 Lite:在庫切れ→販売終了?
  • Sony Xperia 10 II:○→在庫切れ
  • Sony Xperia 10 III Lite:○
  • Unihertz Jelly 2:○
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite:○
  • Xiaomi Mi 11 Lite 5G:○
  • Xiaomi Redmi 9T:在庫切れ→○
  • Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GB:在庫切れ→販売終了?
  • Xiaomi Redmi Note 10 Pro:○

「iPhone」に関してはモデル、ストレージ容量別に数が多く、中古端末も複数あるので、ここにはリストを掲載していないが、特に中古端末は特価で販売されることが多いので、人気スマホSALEの切り替え直後、要するに各月の上旬、中旬に第1弾、第2弾セールが始まる直後には注文が殺到しがちなので注意が必要だ。中古端末の場合は、売り切れてしまうと次の入荷がいつになるのかは分からないので、新品の機種以上に購入しにくい。

Androidスマートフォンについては上記の通りだが、前述したように一時的な在庫切れ表示に過ぎない場合もあるので、日々「OCN モバイル ONE」公式サイトをチェックすることを勧めたい。とはいえ、数分置きにチェックする必要はない。短くても1時間以上の間隔で問題ないと思う(※機種によるかもしれない)。

なお、4月以降のセール状況を見ている限り、Xiaomiの製品は非常に人気が高い。また、Motorolaの製品も超特価の場合には注文が殺到する傾向にありそうだ。同様にシャープの「AQUOS sense」シリーズも特価のときには売れ行きがいいように見える。OPPOのスマートフォンも特価の場合には在庫切れの頻度が高いように見えるが、OPPOは供給量が多いのか意外と購入しやすい印象もある。

ASUSの「ZenFone」シリーズは相対的に高価ということもあってか、比較的購入しやすいと思う。しかし低価格の「ZenFone Max」シリーズは別で、在庫が復活してもすぐに売り切れてしまう印象で、購入の難易度はかなり高いかもしれない。

いずれにしても「OCN モバイル ONE」への加入を検討中の方は今後もキャンペーンやセール情報はもちろん、新端末の投入などもチェックしていこう。

なお、どの機種を購入する場合にも、初期手数料(3,300円)と、SIMカード手配料(433.4円/枚)が発生するので、この点には注意して欲しい。また、新料金プランの詳細はこちらの記事を参照して欲しい。

「OCN モバイル ONE」は格安SIMの中では通信品質に優れている上、料金も最安級なので、文句の付け所がほとんどなく、加入しやすいと思う。それもあっての人気、注文殺到だと思うので、今後もセール/キャンペーン情報には注目していきたい。

情報元、参考リンク
OCN モバイル ONE公式サイト

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:2 件
  1. <編集後記>
    通信各社の大特価セールはいずれも好評で注文殺到から在庫切れが続々出ている感じですね。在庫状況はOCNモバイルONEに限らず、どこも随時変化しているので、こまめなチェックが重要だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 4月26日にほとんどの機種の在庫が戻りましたね。再び多くの機種で注文が可能となっています。

      削除