Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

安い・速い・安定の「OCN モバイル ONE」の格安新料金プランが本日開始! 11時からは端末1円~の大特価セール!

NTTコミュニケーションズが運営する格安SIM/スマホサービス「OCN モバイル ONE」は本日1日より新料金プランの提供を開始した。新料金プランは格安SIM/スマホ市場において、「IIJmio」や「nuroモバイル」らと並ぶ最安級の設定となっており、音声通話付きプランでは月々のデータ通信量上限が1GBで月額770円(税込。以下同)、3GBで990円、6GBで1,320円、10GBで1,760円だ。
<▲図:新料金プラン。※()内は旧プランにおける料金>

さらに「OCN モバイル ONE」の新料金プランにおける注目すべき特徴は、国内通話料が一般的な従量課金の料金設定である30秒あたり20円ではなく、10円だという点と、専用アプリ不要でスマートフォン標準の電話アプリ/機能から発信する形でそれを実現しているという点にある(※専用アプリ不要なのは4月7日以降から)。

これはどういうことかというと、一般的に30秒あたり10円などの安価な通話料の実現には、発信先電話番号の頭に指定の番号(プレフィックス番号)を付与して掛けるが、当然プレフィックス番号の付与は毎回行うには面倒なので、各社とも専用の電話アプリを提供している。専用アプリから掛ける場合には、いちいちプレフィックス番号を入力したり、付与しなくてもいいという形だ。

一方、「OCN モバイル ONE」では今回、バックグラウンドでプレフィックス番号を付与する形式を採用し、ユーザー自身はプレフィックス番号の存在を意識せずに済むようにしている。すなわち、普通にスマートフォンの電話アプリで掛けるだけで、自動的にプレフィックス番号が内部的に付与された形となり、30秒あたり10円で掛けられる。もちろん相手の電話に表示される電話番号は自分の番号そのままで、余計なプレフィックス番号などは表示されない。

これは非常に大きい。

加えて、国内通話を掛ける頻度が高い方向けのオプションも用意されている。

「完全かけ放題」は月額1,430円、1回あたり10分以内の通話であれば何度でも構わない「10分かけ放題」や「トップ3かけ放題」は月額935円だ。

また、最低利用期間の設定がない、解約金・違約金が不要、MNP転出手数料も不要だという点も特徴といっていいだろう。

そして料金プランとは別の注目事項は本日11時から始まる大特価セールだ。

詳細はこちらの記事を参照して欲しいが、「Xiaomi Redmi 9T」「OPPO Reno A」を始めとする6機種が1円になるなど、かなりお得なセールとなっていて要チェックだ。また、在庫情報はこちらの記事で随時お伝えしているので、あわせて参照して欲しい。

なお、件名に「安い・速い・安定」と書いたが、これは筆者自身の「OCN モバイル ONE」に対する印象だ。筆者も「OCN モバイル ONE」のユーザーの一人で、正直な話、かなり良いと思っている。

格安SIM/スマホサービスはNTTドコモ(以下、ドコモ)やauなどの回線を借り受けてサービスを提供していることもあり、本家サービスと比べると理論的にも実際のところも速度は劣る。

ところが「OCN モバイル ONE」は少なくとも筆者が住む千葉県北西部では速いときで下り側で100Mbpsを超えるし、大抵の時間帯で20、30Mbpsから数十Mbpsは出ているし、混雑時間帯ですら10Mbps前後は出るし、上り側に関しても安定して数Mbpsは出ている(※エリアによって異なると思いますので参考程度として下さい)。また、低速ながらデータ量を消費しない「節約モード」も用意されている。実際には契約プランで定められた月間データ量上限の半分までしか「節約モード」は快適には使えないので(半分超過後は速度が「200kbps」から「200kbps以下」に制限される)、基本的には「節約モード」のことは抜きにして、自分にとって必要なデータ量のプランを選択し、「節約モード」はプラスアルファ分のおまけと捉えるのが無難だが、その分はお得だ。

総合的に見て「OCN モバイル ONE」は格安SIM/スマホサービスの中ではお勧めしやすいサービスだといえる。

OCNモバイルONE

情報元、参考リンク
OCN モバイル ONE

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:3 件
  1. <編集後記>
    この後の大特価セールの内容が気になるところですが、そもそも「OCN モバイル ONE」はお勧めしやすい格安SIMの一つなので、新料金プランの登場を機にさらにユーザー数を伸ばすかどうか注目ですね!

    返信削除
  2. データ低速モードで使っていてもデータ使用量が契約データプランの半分超えたら超超低速モードに入って全く使い物にならない仕様なのは改善されたのでしょうか???

    返信削除
    返信
    1. いえ、半分超過後には速度制限が掛かりますね。ただ、私個人の場合に限っては「節約モード」で累計して大容量通信になるような使い方をしていないので、少し軽く捉えていました。ですが、確かに仕様は仰る通り制限が掛かるので、記事内の表現も変えることとしました。コメントありがとうございます。

      削除