Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

モバイルSuicaユーザーは20日11時~21日7時頃に実施の大規模メンテナンスに要注意!リニューアルで複数枚発行対応やPASMO併用も可能に

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が2月に告知した「モバイルSuica」のリニューアル時期が近づいている。様々な点で便利に生まれ変わるモバイルSuicaだが、21日のリニューアルに向けた準備として、20日(土曜日)11時頃から21日(日曜日)7時頃までの約20時間に渡ってシステムメンテナンスが実施され、サービスが一時停止となる点には注意して欲しい。


今回のメンテナンスは大規模なものとされている上、メンテナンス終了後にアプリをユーザーがアップデートしてサービスが利用可能になるまでに時間を要する場合があるという。

Suicaへのチャージ(入金)、定期券購入等の必要がある場合にはメンテナンス前に行っておくよう案内されている。さらに、メンテナンス中にiPhone/Apple Watchでの機種変更、サーバ退避等の操作を行うとSuicaが利用できなくなるとの注意喚起もされている。

メンテナンス中に利用できない主なサービスは下記の通りだ。

メンテナンス中に利用できない主なサービス

  • アプリからの入金(チャージ)、JRE POINTからの入金(チャージ)
  • 定期券、グリーン券の購入や払いもどし
  • 機種変更、再発行登録、退会等のお手続き
  • 会員メニューサイト(PC)でのお手続き
  • 連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の申込み、登録等


一方、メンテナンス中でも利用できる主なサービスは下記の通りだ。

メンテナンス中でも利用できる主なサービス

  • 入金(チャージ)済みのSF(電子マネー)残高の利用
  • 現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージ等の利用
  • 購入済みの定期券、グリーン券の利用
  • 会員メニューサイト(PC)でのお手続き
  • 既に登録済みの連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の利用

前述のように、チャージ済みのSuicaの残高の利用は問題ない。しかし、残高が減っている方は事前に余裕をもってチャージしておく方が無難だ。

なお、今回のシステムメンテナンスは大規模なものとされているが、リニューアル内容の中心はAndroid版となっている。


メニュー周りのデザインが刷新され、現行バージョンのアプリでは対応していなかった複数枚のSuica発行が可能になったり、「モバイルPASMO」との使い分けを同じ端末でできるようになる。
<▲図:リニューアル版アプリのイメージ>

リニューアルの主な内容は下記の通りだ。

  • 複数枚のSuica発行が可能に(iOSは対応済み)
  • 定期券購入時の経路表示を改善
  • タッチでGO!新幹線の利用開始登録が可能に
  • Google Payによる決済が可能に
  • 異なるOSへのSuica移行対応(Androidは対応済み)
  • お知らせ機能の充実化

一部の機能はプラットフォームによってはすでに対応済みだが、今回のリニューアルで複数の改善が行われることが分かると思う。

なお、Android版のリニューアルアプリでは「おサイフケータイアプリ」との連携が必須となるので、その点にも注意して欲しい。

モバイルPASMOとの併用などはこの連携によって可能となる。iOSからAndroidへの変更対応なども「おサイフケータイアプリ」との連携によって実現するという。しかし、連携のための特別な操作や手続きは特に必要ない。


情報元、参考リンク
JR東日本/モバイルSuicaシステムメンテナンスについてのご案内
JR東日本/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    今回のメンテナンスは通勤・通学日を避けた土日に行われますが、それでも20日午前11時頃から21日午前7時頃までと、ほとんど丸一日に近いので注意が必要です。駅に着いてから「あ、チャージするの忘れてて残高が足りない」となると、慌てることになりかねません。特に急いでいるときほど慌てますよね。なので、事前にメンテナンス情報をしっかり把握して、準備しておく必要があると思います。

    返信削除