北海道新幹線の全トンネル内で3月25日より各社の携帯電話が繋がるように!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクは11日、北海道新幹線のトンネル内における携帯電話サービスのエリア整備において進展があったことを明らかにした。

<▲図:北海道新幹線におけるトンネル内の携帯電話サービス提供状況>

25日始発列車より「新青森駅~青函トンネル(青森県側入り口)」間、「青函トンネル(北海道側入り口)~新函館北斗駅(手前)」間のトンネル内でドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話サービスが利用できるようになる。

そして、今回のエリア整備完了をもって北海道新幹線については全区間のトンネル内で3社の携帯電話サービスを利用できる環境が整うことになる。

新幹線のトンネル内における携帯電話サービスのエリア整備は各地/各路線で進んでいるが、北海道新幹線での整備完了は一つの区切りで、大きなニュースと言っていいと思う。特に青函トンネル内の整備が終わったことは北海道新幹線の魅力向上にも繋がるだろう。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑