ドコモの「あんしんパック」がリニューアル!スマホなどの他、PCやゲームなどの様々な機器をサポートするサービスも

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、「あんしんパック」のサービスをリニューアルすると発表した。現在の携帯電話向けサービスは「あんしんパック モバイル」と名称変更されるものの、サービスとしては継続提供される形で、新たにパソコンやゲーム機などの各種デジタル機器をサポートするサービスが含まれる「あんしんパック ホーム」が追加される。


この2つのサービスパックで新たな「あんしんパック」は構成されることになるが、もちろん両方セットで加入する必要はなく、個別に選べるようになっている。この新サービスは24日より提供開始となる予定だ。

詳しく見ていくと、「あんしんパック モバイル」は、現在の「あんしんパック」と同じく「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」の3つのサービスで構成される。名称以外での変化は特にない。

当然、構成サービス自体も個別加入できるので、例えば「ケータイ補償サービス」だけに加入しても構わない。あくまでも「あんしんパック モバイル」は3つまとめて加入すると若干割引される、というお得なセットパッケージという位置付けだ。

通常、「ケータイ補償サービス」は月額330円から1,000円、「あんしん遠隔サポート」は月額400円、「あんしんセキュリティ」は月額200円なので、合わせて加入すると月額930円から1,600円。まとめて加入できる「あんしんパック モバイル」の場合は月額550円から1,220円なので、380円お得ということになる。
さらに、新しいパッケージサービスの「あんしんパック ホーム」にも加入すると、当然さらに割引が増える。


その新たに登場する「あんしんパック ホーム」は、「ドコモ光」もしくはドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用中の方向けのサービスだ。

現在提供中の「ネットトータルサポート」に加えて、今回新たに登場する「デジタル機器補償サービス」、「ネットワークセキュリティ」の3サービスで構成されるパッケージとなる。

新登場の「デジタル機器補償サービス」は、パソコン、テレビ、ゲーム機、プリンターなど、ドコモ光やモバイルWi-Fiルーターに繋いで利用するデジタル機器の故障や破損を補償してくれるサービス。

「ネットワークセキュリティ」は、現在提供中のサービス「光ルーターセキュリティ」に、パソコンにおけるウイルス、迷惑メール、有害サイト対策ができるセキュリティ機能「PCセキュリティ powered by McAfee」が追加され、パソコンおよびホームネットワークを守ることができる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑