音楽聴き放題サービス「dヒッツ」が「Googleアシスタント」対応で「Google Home」「Nest Hub」で気軽に楽しめるように!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)とレコチョクは20日、定額制の音楽聴き放題サービス「dヒッツ by powered レコチョク」(以下、dヒッツ)が新たに「Googleアシスタント」に対応したと発表した。


これにより、「Google Home」「Google Home Mini」及びGoogleアシスタント対応の各社のスマートスピーカー、Googleが新たに発売したスマートディスプレイ「Google Nest Hub」などに話しかけるだけでdヒッツを手軽に楽しめるようになった。

実のところGoogleアシスタント対応がメインのアップデートという訳ではなく、dヒッツ自体のリニューアルが20日に行われていて、Googleアシスタント対応はその一部に過ぎない。

今回のリニューアルでは、アプリ起動時のパフォーマンス向上として高速化が図られた他、UI(メニュー/操作系)も刷新されている。使い勝手というか使い方が若干変わったので、既存ユーザーは少し戸惑うかもしれないが、すぐに慣れると思う。

さて、Googleアシスタント対応によって声での操作が可能になったわけだが、「OK Google」の後に「dヒッツで何か曲をかけて」などと喋ればいい。

音楽再生中に「OK Google, これ誰の曲?」などと話しかければ楽曲情報を教えてくれるし、楽曲の再生/一時停止/再開などの操作も声で行うことができる。

【情報元、参考リンク】
dヒッツ公式サイト
レコチョク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑