「au自動車ほけん」が4月上旬に登場!auユーザー向け追加割引やカーナビアプリ「au助手席ナビ」の有料機能が無料になる特典も!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、au損害保険(以下、au損保)は12日、新たな保険商品として「au自動車ほけん」を4月上旬より提供すると発表した。


au自動車ほけんは、auの携帯電話ユーザーでなくとも加入できる自動車保険だが、auの携帯電話ユーザー向けの特典も用意されている。そのため、auユーザーがau自動車ほけんを利用する場合には色々とお得だ。

また、au自動車ほけんの登場を記念したキャンペーンがすでに開始となっている。簡単なアンケートに回答することで抽選で「ダイソンコードレスハンディクリーナー」や「車載型ポータブル空気清浄器」などが当たる「au自動車ほけん プレリリースキャンペーン」だ。

話をau自動車ほけんに戻すと、このサービスは、三井ダイレクト損害保険の通販型自動車保険をKDDIとau損保が代理店として提供するもの。

自動車の使用目的や免許証の色、走行距離、年齢、地域などに応じて保険料が設定されるのは一般の保険と同じだが、契約条件によってインターネット割引が最大10,000円引き用意されていたり、証券不発行割引(500円)が適用されるなどの割引がある。

auの携帯電話ユーザーの場合は、初年度の証券不発行割引が500円上乗せされて1,000円引きとなる。

さらに、au携帯電話ユーザーは、auのカーナビアプリ「au助手席ナビ」の有料機能を無料で利用できるようになる。au助手席ナビの基本機能は無料だが、ナビにおける音声案内などの便利機能は月額300円の有料での提供となっている。それがau自動車ほけんに加入すると無料になる。

<▲表:「au助手席ナビ」の機能について>

そして、「au助手席ナビ」では、au自動車ほけん加入者専用機能として、運転診断機能が提供される。診断結果に応じてお得な商品がもらえる特典付与機能、ドライブレコーダー機能も追加提供される。

運転診断では速度超過、急加速、急ブレーキ、速度の安定性、コーナリングなどの観点で安全運転かどうかを診断してスコアをつけてくれる。走行経路のログデータから運転に課題がある箇所の地点の分析結果の確認も可能となっている。

<▲図:「au助手席ナビ」の運転診断機能について>

ドライブレコーダー機能では5分間、15分間、30分間と3種類の録画時間から選んで、自由なタイミングで録画できるようになっている。

<▲図:ドライブレコーダー機能について>

なお、au自動車ほけんはauのWebサイト、各種キャンペーンサイトから見積もり、申し込みが可能となる予定。Webサイトは4月上旬のサービス提供開始日に公開される予定だ。



【情報元、参考リンク】
「au自動車ほけん プレリリースキャンペーン」サイト
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑