高速光回線サービス「NURO 光」、8階建て以上の集合住宅でも1戸からの申込みが可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーネットワークコミュニケーションズは17日より高速光回線サービスである「NURO(ニューロ) 光」の集合住宅における階数制限を変更したと発表した。


従来は集合住宅については一戸での申込みには「7階建て以下」という制限があったが、17日より8階建て以上の集合住宅に居住している方の場合でも可能になった。

ちょうど筆者自身、昨年12月に長年使ってきたフレッツ光からNURO 光への切り替えを決断し、先日開通したばかり。固定回線を変える機会は中々ないので、自分用の記録メモも兼ねてレポート記事を後日用意する予定だ。今の所は大体100Mbpsから500Mbpsほど(ダウンロード側もアップロード側も)出ている感じなので、かなり感動している。短期間ながら平均的には300Mbps前後といった感だ。

話が逸れたが、NURO 光は別途プロバイダと契約する必要もなく、すなわちプロバイダ代込みで、そして「カスペルスキー セキュリティ」(Windows、Mac、Android、全て合わせて5台までで利用可能)が無料でずっと使えて、料金は月額5千円以下と、価格面でも魅力的だと思う。

今回NURO 光への切り替えにあたって、家のパソコンのセキュリティツールをノートンからカスペルスキーに変更したが、カスペルスキーが無料というのは今思えば結構大きかった。毎年ノートンなどのセキュリティツールの更新に1万円ほど掛かっていたが、それが無くなるのは意外と大きい。

また、実は筆者はまだフレッツ光&プロバイダも解約していないのだが、NURO 光と並存できていることもちょっとした驚きで、開通後に回線比較をできるというのは嬉しい。もちろん月内に旧回線は解約するつもりだが。

ともかく様々な面で満足しているNURO 光だが、サービスを利用できるエリアはまだ限られている(本記事執筆時点)。

現在は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県のみ。

そして住居形態は戸建てと集合住宅に対応しているが、後者に関しては冒頭で触れたように従来は基本的には7階建て以下に限定されていた。ただし、従来でも同じマンション内で4名以上の利用希望者がいれば「NURO 光 for マンション」への申込みは可能だったようだ。とはいえ、4名以上という制限も面倒ではある。

それだけに今回、17日より8階建て以上の集合住宅に居住している方が一戸でもNURO 光への申込みができるようになったというのは大きなニュースと言えそうだ。

ちなみにNURO 光では最大10Gbps、最大6Gbpsのサービスも3月末以降に提供予定(開通予定)とされているが、こちらは2Gbpsのサービス以上に提供エリアに制限があるので注意して欲しい。まずは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリアにおける戸建て、5階建て以下のマンションから。筆者もできればそちらにいきなり申込みたかったが、残念ながら提供エリアに入っていなかったので2Gbpsのサービスに加入した。それでも5千円以下でセキュリティツール付で、実効速度で500Mbpsほど出ていれば十分恵まれたネット環境だと思う。

なお、NURO 光には加入特典も色々と用意されている。筆者は公式サイトで申し込んだが、PS4本体代相当のソネットポイント(筆者の申込み時は32,400ポイント)&プレイステーションストアチケット5,000円分という特典を選んだ。他にも色々な特典から選んで申し込むことができる。ソネットポイントはPS4に使わなくても構わない。他のポイントへの交換もできるし、NURO 光の利用料金に充当させてもいいので、実質的に32,400円のキャッシュバックみたいなもの。プラス、PSストアチケット5,000円分もあるので、かなり豪華だと思う。

【情報元、参考リンク】
NURO 光の特典一覧ページ(NURO 光への加入で貰える特典について。結構豪華なので要チェック)
ソニーネットワークコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑