DAZNがAndroidのアプリ内課金に対応。手軽に加入・決済が可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
スポーツライブ配信サービス「DAZN(ダゾーン)」が15日よりAndroid向けアプリにおいて、Google Playのアプリ内課金サービスを使った契約/購入に対応した。

<▲図:DAZNでのF1観戦はマルチウィンドウでとても便利>

DAZNはNTTドコモ(以下、ドコモ)のユーザーであれば「DAZN for docomo」経由での加入で、ドコモの携帯電話料金と合算しての支払いが可能だが、それ以外では、クレジットカード決済、コンビニなどで販売されている「DAZNチケット」を使っての決済、そしてiPhone/iPadについてはApp Storeのアプリ内課金サービスに対応している。

今回新たに対応したGoogle Playのアプリ内課金サービスはApp Storeでの決済と同様、手軽だ。有料アプリを買ったり、ゲームアプリ内で有料アイテムを購入する際などと同じ手順で済む。

なお、DAZNの一般向け料金は月額1,890円で、最初の31日間は試用期間として無料となっている。

「DAZN」アプリは下記リンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
DAZN
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑