【訃報】ソフトバンクの初代「お父さん」役、北海道犬のカイくん16歳

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
当サイトではお伝えするのが遅くなってしまったが、ソフトバンクは28日、2007年から「白戸家」の初代「お父さん」役を務めてきた北海道犬のカイくんが老衰のため天国へと旅立ったと発表した。享年16歳。

<▲写真:カイくん>

同社はお父さんとして長年活躍してきたカイくんに、心より感謝するとともに謹んでご冥福を祈るとコメントしている。

なお、現在の「お父さん」はカイくんから代替わりしており、カイくんの息子であるカイトくんとカイキくんが2代目を務めている。

2世代に渡ってお父さん役を担っているわけで、カイくん、カイトくん、カイキくんの親子3犬はソフトバンクのプロモーションにおいて、本当に長期間活躍している。親子3人で1つの企業のプロモーションで長期間活躍する事例は人間のタレントでも稀ではないかと思う。

編集部からも謹んでご冥福をお祈りしたい。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑