電子マネーカード「au WALLET カード」の申込数が500万件突破。ラッキーセール実施。「auスマートパス」との連携も本格開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは28日、プリペイド式の電子マネーカード「au WALLET カード」の申込数が27日時点で累計500万件を突破したと発表した。


「au WALLET カード」は5月8日に申込の受付が始まり、3ヶ月以上が経過したが、auサービス史上最速での申込数500万件突破の記録を達成したことになるという。また、auの各種サービスを利用するための「au ID」の発行件数も2,000万件を突破した。

KDDIは500万件突破を記念し、29日より家電やグルメ、ブランド品などの人気商品をお得に購入でき、「WALLET ポイント」が最大40倍貯まる「auラッキーセール」を「auショッピングモール」で開催する。

また、同社は「auスマートパス」とのサービス連携を本格的に開始することも明らかにした。

まず、「au WALLET」のポイントアップ店で利用できる「auスマートパス」会員限定のクーポンのラインナップが拡充されるので、「auスマートパス」のユーザーにとってはお得だ。


また、「一休.com」「relux」などの宿泊予約サイトと提携し、ホテルや旅館の予約時に利用できる1,000円以上の割引特典、「WALLET ポイント」が通常店舗よりもお得に貯まる「旅・宿泊」コーナーを「auスマートパス」に新設する。

さらに、「auスマートパス」では、「au WALLET カード盗難紛失補償」も提供される。これによって、より安心して「au WALLET カード」を持ち運び、利用できるようになる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/「au WALLET」×「auスマートパス」サービス連携本格開始
KDDI/おかげさまで「au WALLET カード」の申込み数が500万件を突破
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑