ソフトバンク、歩きスマホ防止アプリ「STOP歩きスマホ」を無料配信開始。歩行中は警告を表示し、操作不可

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは23日、スマートフォンの画面を見ながら歩く、いわゆる「歩きスマホ」による事故の防止やマナー向上の取り組みとして、歩きスマホを防止するためのアプリ「STOP歩きスマホ」を開発し、同日より提供開始した。Android版がGoogle Playで配信されており、利用料金は無料だ。


このアプリの機能は実にシンプルで、スマートフォンの画面を見ながら歩くと、ユーザーが歩行中であることをアプリが検知し、警告画面を表示してくれる、というものだ。しかも、警告画面が表示されている時には、スマートフォンの操作ができなくなる。

歩くことを中止すると再び操作が可能になる。

ただし、音声通話(電話)や音声発着信時、緊急速報メールの使用中には警告画面は表示されない。また、一部の機種ではテレビの視聴中には警告画面が表示されないなど、機種による挙動の違いが若干ある。

同社は歩きスマホの危険性を周知し、防止に向けた取り組みを行っているが、今回のアプリもその一環となる。

【情報元、参考リンク】
Google Play/STOP歩きスマホ
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑