Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

シャープ、タブレットなど向けの小型3Dモーションセンサを開発

シャープは28日、赤外発光LEDと受光センサ、DSP(座標計算処理回路)を一つのパッケージにまとめた3Dモーションセンサ「GP2Y8E01」を開発したと発表した。3Dモーションセンサは、人間の手の動きや位置などを3次元の座標で捉えることができるため、タブレットなどで画面に触れずに操作をすることが可能になる。


同様に、ノートPCやカーナビゲーション機器などに搭載することも想定されており、操作方法が拡張される。

従来は前後・左右・遠近といった3次元の座標計算処理を搭載機器のCPUを使って行っていたが、今回の製品では、計算処理のDSPを赤外発光LEDと受光センサとまとめてしまうことで、搭載機器への負荷を抑え、省電力化に貢献するとともに、全体的なサイズダウンに成功している。

このパッケージのサイズは約7.9×3.9×3.4mmで、とても小さい。

また、タブレットなどで広く採用されている通信規格のI2Cインターフェースを採用することで、様々な製品への搭載も容易となっている。

シャープはこのセンサをタブレットに加え、FA機器(の操作パネル)やアミューズメント機器など、幅広い分野の製品に提案していくとしている。サンプル価格は1,100円で、出荷時期は10月31日。量産開始時期は2014年3月の予定となっている。

【情報元、参考リンク】
シャープ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件