Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

KDDI、一連のLTE通信障害においてサービスを利用できなかった方へのお詫びとして請求額から700円減算へ

KDDIは10日、4月27日、5月29日、5月30日に生じた通信障害において影響を受けた方に対するお詫びとして、どのような対応を採るかを決定し、その発表を行った。

障害とお詫び内容について(クリックして拡大)

まず、この3日間の障害について概要をおさらいしたい。

4月27日は16時1分から22時18分(6時間17分)に4G LTE対応機種の利用者の一部においてデータ通信サービスの障害が発生した。影響エリアは東京都・神奈川県・山梨県の3都県の一部エリアで影響者数は最大で約59万。

5月29日は4時30分から23時13分(18時間43分)に同じく4G LTE対応端末においてデータ通信障害が同じ3都県の一部で最大56万ユーザーに対して発生した。さらに同日9時30分から12時22分(2時間52分)において音声通信サービスにも障害が発生した。

5月30日は13時4分から23時2分(9時間58分)に同じ3都県の一部エリアにおいて最大64万ユーザーに対してデータ通信障害が発生した。

これら障害の影響を受けた方に対する対応内容は、対象となるユーザーに対して、通信料金の請求時に、請求額から700円を減算する、というものになる。対象者には6月末までに「重要なお知らせ」メール等で連絡が届くため、そちらを参照してほしい。

また、減算については、LTE加入者の基本使用料、ISP利用料、LTEパケット定額料の3日分相当を勘案して算出した額として700円が設定されている。この減算は7月以降の請求において、準備が整い次第実施される予定。

なお、対象者は、上記3日間の一連の通信障害時のいずれかの時間帯において、LTEデータ通信を全く利用できなかった方、もしくは5月29日の障害発生時間帯において音声通信を利用できなかった方となる。前述したように対象者には連絡が届く予定なので、それを待ってほしい。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件