Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

自宅の録画番組を外出先のスマホからネット経由で視聴できるDTCP+対応NASをバッファローが発表。nasne等との連携で超便利に

バッファローは10日、家庭向けのNAS(ネットワーク対応ハードディスク)「リンクステーション」のDTCP+対応モデル「LS410DXシリーズ」を今夏発売すると発表した。また、同社は同日都内でプレス向け発表会を開催し、同製品のデモ機を展示する予定だ。この発表会及びデモ機のレポートは後ほど公開予定の記事を参照してほしい。


このLS410DXシリーズは、外出先のスマートフォンからインターネット経由で自宅の録画番組を視聴することができるDTCP+に対応している。

DTCP+は、デジタルコンテンツの著作権保護方式DTCP-IPの新バージョンであり、DTCPやDTCP-IPのライセンス団体であるDTLAが昨年1月に策定した「DTCP-IP 1.4」の通称。

スマートフォンへのデータ転送時の動画ファイルを圧縮する「トランスコーダー」を搭載しているため、インターネット経由でも動画を途切れずに視聴することができるので、従来のようにモバイル機器へ動画データをムーブして視聴する、というスタイルよりもかなり便利になる。

例えば、ソニーから発売されているハードディスクレコーダー「nasne」と連携し、nasneで録画した番組をLS410DXシリーズにムーブしておけば、外出先からいつでもアクセスし、視聴することができる。もちろん、自宅内のネットワーク上での録画番組のムーブや視聴が行えるDTCP-IPにも対応している。

また、このLS410DXシリーズは従来からのリンクステーションシリーズと同様にパーソナルクラウド「Web Access」機能も搭載するので、様々なデータを保存し、個人的なクラウドとして利用することもできる。

【情報元、参考リンク】
LS410DXシリーズについて

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件