Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

今夏最強のスマートフォン「ARROWS NX F-06E」の発売日が6月7日に決定

富士通は4日、NTTドコモ(以下、ドコモ)向けのAndroidスマートフォン「ARROWS NX F-06E」が7日より全国のドコモ取扱店で発売になると発表した。


ARROWS NXは、ドコモが推す「ツートップ」機種ではないものの、その実態は今夏最強仕様と呼んでも過言ではないスマートフォンであり、筆者も個人的にイチオシ機種ではないかと考えている。

昨年のARROWSシリーズは、発熱、バッテリー消耗の速さなどを始め、いくつかの欠点から不満の声も多く聞こえたが、今夏登場するARROWS NXはそれらの問題を解消し、それに加えて他にない魅力的な要素をいくつも搭載してきた。

今夏のスマートフォンとしては最大サイズとなる約5.2インチのフルHD液晶を搭載する点がまず一つ目の特徴だ。しかも、狭額設計によって、ボディサイズは5インチサイズのディスプレイを搭載する機種とほぼ同等サイズに抑えられている。さらに、背面のサイドが曲面を形成しているため、手にもフィットする。

そして、この高精細の大画面を活かす機能・サービスとして、「フルセグ」がある。一般のテレビで見る地上デジタル放送と同質のハイビジョン放送を視聴できるので、テレビ番組を本格的に楽しむことができる。サッカーや野球などの球技に関しても、球がハッキリと見えるので、携帯電話での視聴が「ちょっとした視聴」から「ジックリと観ることができる」に大幅進化している。

フルセグ画質での録画ができない点は残念だが、ひとまず視聴できるだけでもARROWS NXの魅力といえるだろう。

プロセッサは前シリーズまでのNVIDIA TegraシリーズからQualcommのSnapdragon 600 APQ8064Tに変わった。クアッドコアCPUによって高速・快適なパフォーマンスを実現している。

さらに、バッテリー容量は3,020mAhと大容量だ。これにより、充電を気にせずに、2日間を上回る約69.4時間バッテリーが持つとされる。ただし、これは一般に想定される使用法の場合。実際に試用すると2日間以上は難しい感じだが、確かにあまりインターネットやアプリを使わなければ2〜3日は持ちそうだ。そして、普通に使っても1日〜2日間程度持つイメージだ。

サウンド面については「Dolby Digital Plus」を採用して強化している。そして、映像コンテンツをARROWS NXで楽しむ際のサウンド面の工夫として、卓上ホルダに音響ダクト構造を採用している。卓上ホルダにセットすると、音抜けが良く、音量が大きくなるので、本体内蔵スピーカーでも迫力あるサウンドで楽しめるようになっている。

前述したように、前モデルほどの発熱もなく、ハイスペック・多機能をバランス良く積んだマシンとなっており、今夏最強と呼んでも過言ではない機種だ。

ツートップの機種と比べると実売価格が高くなってしまうが、発売日以降の売れ行きにも注目だろう。

なお、ARROWS NXは後日試用レポートをお届けする予定だ。実機のファーストインプレッションは下記リンク先の記事を参照してほしい。

・「【実機レポート】フルセグ&5.2インチ大画面が魅力「ARROWS NX F-06E」(ドコモ2013夏)
・「【取材レポート】基礎技術と華麗なディズニーモデルに感心した「富士通ARROWS新商品内覧会」

【情報元、参考リンク】
富士通/ARROWS NX F-06E製品紹介ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件