大阪市営地下鉄 御堂筋線の一部区間(トンネル内も)で携帯各社のサービスが利用可能へ。中央線に続く対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスら通信事業4社は28日、大阪市営地下鉄 御堂筋線の淀屋橋駅~本町駅の区間において、携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。5月30日の始発電車からサービスの提供が始まり、携帯電話の音声通話、データ通信が利用できるようになる。

ただし、車内での携帯電話の使用についてはマナーを順守し、通話は避け、優先席付近では電源を切るように案内されている。

駅構内のみならず該当区間のトンネル内においても携帯電話サービスが利用できるので、電車の走行中であってもメールやウェブサイトの閲覧などが可能となる。

今回の大阪市営地下鉄での対応は、中央線の本町駅~堺筋本町駅間に続く措置で、徐々に利用可能範囲が拡大している。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
GAPSIS/ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話が大阪市営地下鉄 中央線の本町駅~堺筋本町駅間の駅構内、トンネル内で4月25日より利用可能へ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑