エレコム、スティック型のモバイルバッテリーに太陽光発電器が付属する「ソーラー充電器セット」を3月下旬発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エレコムは13日、Android(アンドロイド)スマートフォンやiPhoneなどを充電することのできるモバイルバッテリーに、ソーラー発電器とAC充電器が付属するセット商品「ソーラー充電器セット」を3月下旬より発売すると発表した。

この商品は単3形充電池2本を使用するスティック型のモバイルバッテリーと、その充電池を充電するためのソーラー充電器、AC充電器がセットになっている。

モバイルバッテリーへの充電はソーラー充電器もしくはAC充電器を使う2通りの方法で行うことができる。もちろん家庭用コンセントがある場所であれば、AC充電器を使った方が効率的だが、コンセントの無い場所や停電時であってもソーラー充電器を使って充電することができる。

ソーラー充電器のパネルには最大出力電力1.8Wの高効率単結晶シリコンパネルを採用して発電力を高めるとともに、パネルサイズをある程度大きく取ることで、より大きな発電を可能としている。

セット商品ということから分かるように、モバイルバッテリーとソーラー充電器、AC充電器はそれぞれ独立しているので、例えばソーラー発電時のソーラー充電器の熱がモバイルバッテリーに直接伝わるようなことはない。ソーラー充電中でも熱によるバッテリーの膨張や破裂の懸念がないようになっている。

ただし、充電器を使ってモバイルバッテリーを充電することと、モバイルバッテリーからスマートフォンへの給電を同時に行うことはできないので注意してほしい。当然、ソーラー充電器からスマートフォンへの直接の充電などもできない。

モバイルバッテリーのサイズは約120×25×20mmで、重さは約25g、出力はDC5V、500mAで、ソーラー充電器のサイズは約186×18.6×103mm、重さは約200g。


【情報元、参考リンク】
エレコム/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑