ドコモ、Androidアプリ開発を学べるアプリ「スマートAndroidエデュケーション」をリリース。ナノコネクト社の講座教材を元に開発

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは11日、スマートフォンやタブレットを利用した新しい学習支援サービスとして提供中の「ドコモゼミ」において、新たに「資格コース」を開設し、その第一弾としてAndroid(アンドロイド)アプリの開発に関する知識や技術を学ぶことのできる「ドコモゼミ 資格 スマートAndroidエデュケーション」をリリースしたと発表した。


この講座は、Androidアプリ開発の技術者育成に定評あるナノコネクトが開催している実際の講座において使用されている教材を元に開発されたもので、充実度、実績共に業界において高く評価されている。

アプリは11日の正午にリリース済みで、第1章の「~さあ、はじめよう!~ Androidについて」は無料で利用できる。

第2章と第3章は2月提供予定ながら、この2つの章は初級活用編として開発されているため、第1章の学習後に第4章に進んでも特に問題はないということだ。

第4章以下のタイトルと価格は次の通り。1月31日までの間は、ドコモゼミにおいて各アプリの価格が最大半額になる新春キャンペーン中のため、おトクに入手できる。
  • 第4章「~アプリ開発への第一歩!~ 開発環境」・・・800円⇒400円(半額※)
  • 第5章「~便利な機能がいっぱい!~ 開発を支援するツール1」・・・800円⇒400円(半額※)
  • 第6章「~Androidアプリの極意!~ Androidアプリを構成する5つの要素」・・・1,600円⇒800円(半額※)
  • 第7章「~簡単!わかりやすい!~ ユーザーインターフェース」・・・1,600円⇒800円(半額※)
  • 第8章「~アプリは見た目が肝心!~ レイアウトとグラフィックス」・・・1,600円⇒800円(半額※)

なお、本講座の対象レベルは、初心者もターゲットとしている。具体的には第1章から第4章が初級レベル、第5章から第8章が中級レベルに位置づけられる。今後は上級レベルの内容も用意される予定。



アプリを使ってアプリ開発を学ぶ、というのは不思議な感覚だが、関心のある方は無料の第1章から試してみよう。下のリンク先からアプリをダウンロードできる。

【情報元、参考リンク】
Android Market/ドコモゼミ資格 スマートAndroidエデュケーション第1章
ドコモゼミ公式サイト
ナノコネクト
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑