NTTドコモ、AQUOS PHONE SH-12Cへのソフトウェア更新の提供を開始。不具合対策

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは31日、シャープ製Android(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」に対する最新のソフトウェア更新の提供を開始した。今回の内容は「ブラウザで新しいページを表示する際に、まれに既に開かれているウィンドウが正常に動作しない場合がある」という不具合への対策と、「画面ロック状態でBluetooth機器操作が正常に動作しない場合がある」問題への対処。

SH-12Cは、自動更新に対応しているので、あらかじめ設定された時間(デフォルトでは午前2時から4時)になるとソフトウェアを自動的にダウンロードし、書き換えが行われる。ユーザーが手動で導入するには、ホーム画面でメニュー→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と進み、画面の指示に従って操作を行う。

すでに更新が適用済みの場合は、ソフトウェア更新のチェックを行った際に「更新の必要はありません」と表示される。

また、Wi-Fi(無線LAN)ではソフトウェア更新は行えないので注意したい。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/AQUOS PHONE SH-12Cのソフトウェア更新内容
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑