Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

シャープ、NFCを搭載した、企業向けAndroidタブレット「RW-T107」を発表

シャープは22日、非接触ICカードの無線通信規格であるNFC(Near Field Communication)に対応した企業向けAndroid(アンドロイド)タブレット「RW-T107」を発表した。9月5日に発売予定で、月産台数は5,000台の計画。希望小売価格はオープン。

RW-T107は、企業が営業・販売・サービスなどの分野における業務支援に活用することを想定して開発された端末で、ディスプレイは持ち運びも楽な7インチサイズが採用されている。そのため、筐体のサイズも抑えられ、約130×194×11.5mmで、重さも約395gと軽い。ディスプレイの解像度は1,024×600。

基本的な仕様はOSがAndroid 2.3(開発コード「Gingerbread」)で、プロセッサは米TI製OMAP 4430 1GHz、内蔵メモリは512MB RAM、ストレージ容量は8GB、外部メモリとしてmicroSD/microSDHCカードスロットに対応し、その他外部接続端子としてmicroUSB、microHDMI端子も備える。

カメラは背面に3メガピクセル、前面に2メガピクセルのものを搭載し、背面カメラにはオートフォーカス機能が付く。ネットワークは3G回線には非対応で、Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n準拠、Bluetoothは2.1+EDRに対応。

また、前述したようにNFCを搭載し、ISO 14443 Type AとFeliCaをサポートする。NFCをサポートすることで、会員カードシステムによる顧客情報の呼び出しなど、ICカードを活用した業務システムの構築が可能となっている。また、端末使用者の認証用にICカードを使えば、セキュリティ機能の強化を図ることもできる。

内蔵バッテリーの容量は5,400mAhと、比較的大容量なので、動画を連続で視聴した場合でも約8時間の駆動が可能。

コンシューマ―向け製品と比較するとハードウェア仕様は決してハイレベルではないものの、NFCをサポートすることで業務用途での利便性は高い製品といえそうだ。

【情報元、参考リンク】
シャープ/プレスリリース
シャープ/RW-T107製品詳細

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件