ソフトバンクモバイル、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは19日、シャープ製Android(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」を発表した。今夏商戦向けモデルの一つとして、8月中旬以降に発売。


009SHは「AQUOS PHONE」の名を冠することから予想できるように、他の「AQUOS PHONE」シリーズと同様の特徴を持つ。ディスプレイは3D表示対応(裸眼立体視)の4.0インチQHD(解像度:960×540)のNewモバイルASV液晶。さらに、シャープ製液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイなどのAV機器とWi-Fi(無線LAN)経由で連携する「スマートファミリンク」に対応。009SH上の映像を液晶テレビに映し出したり、逆にブルーレイの録画番組を009SHで視聴することができる。

スマートフォンとしての基本仕様は、OSがAndroid 2.3、プロセッサが米Qualcomm製MSM8255(1GHz駆動)で、内蔵メモリのサイズは未公表、Wi-FiがIEEE802.11b/g/n、Bluetoothが3.0、microSD/microSDHCカードスロットは最大32GBの容量をサポート、カメラは背面に1基、有効画素数約800万画素のメインカメラを備える、などといったところ。009SHのカメラレンズはツインレンズタイプではなく、一般的なシングルタイプなので、フル3Dなどを撮影することはできない。バッテリーの容量は1,300mAh。

また、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、デコレメなどの国内フィーチャーフォンで定番の機能も一通りサポートする。東日本大震災以降、注目度が高まった「緊急地震速報」にも発売時点から対応する点も安心だ。

なお、この商品には「THE PREMIUM」という言葉が入っているが、背面カバーが上質な仕様になっている。

カラーラインナップは4色で、本体の背面カバーは上質感あふれる「テクスチャー調デザイン」が採用されている。光の当たり具合で質感が変化する艶やかな加工が施されている。また、前面のディスプレイ、操作キーなども一体感のあるデザインに仕上げられている。

カラーはプレシャスゴールド、ブラック、ホワイト、ピンクの4色。

端末のサイズは約61.5×123×12mmで、重さは約129g。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
ソフトバンクモバイル/AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑