NTTドコモ、GALAXY SとGALAXY TabへのAndroid 2.3アップデートを6月7日10時より提供開始へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは6日、韓国サムスン電子製スマートフォン「GALAXY S」(SC-02B)と同社製タブレット「GALAXY Tab」(SC-01C)向けに、Android 2.3へのバージョンアップを含むソフトウェア更新の提供を6月7日10時より開始すると発表した。GALAXY SとGALAXY Tabは共にAndroid 2.2を搭載する状態で出荷・販売されていたが、7日以降に提供されるアップデートを適用することで、Android 2.3にバージョンアップされる。

Android 2.3は開発コード「Gingerbread」と呼ばれるバージョンで、スマートフォン向けAndroid OSとしては最新バージョンにあたる。Android 2.1から2.2へのアップデート時ほど劇的な変化はないが、基本的な動作パフォーマンスが向上する。ウェブブラウザ、その他一般アプリなど様々な面でだ。

また、今回のアップデートではウィジェットの改善、アプリの追加などの要素もある。

アップデートの詳細は次の通り。

GALAXY S
  • ゲーム、アニメーションの動作速度が向上
  • 「バッテリー使用量」メニューの改善 ‐ 詳細なバッテリー使用状況の確認が可能
  • 「メモリー使用」の追加 ‐ アプリケーションが使用するメモリ量を確認可能
  • 「ダウンロード」アプリの追加 ‐ ダウンロードしたファイルをリストで管理可能
  • ウィジェット追加時の画面にウィジェット提供元の情報を追加
  • 「Daily Briefing」ウィジェットを個別に配置可能(スケジュール、ニュース、株価、天気)
  • ステータスバーアイコンの変更
  • 通知パネルの変更

GALAXY Tab
  • ゲーム、アニメーションの動作速度が向上
  • 「バッテリー使用量」メニューの改善 ‐ 詳細なバッテリー使用状況の確認が可能
  • 「メモリー使用」の追加 ‐ アプリケーションが使用するメモリ量を確認可能
  • 「ダウンロード」アプリの追加 ‐ ダウンロードしたファイルをリストで管理可能
  • 「Daily Briefing」ウィジェットを個別に配置可能(スケジュール、ニュース、株価、天気)
  • ステータスバーアイコンの変更
  • 「電卓」アプリの追加
  • 「スケッチメモ」アプリの追加

アップデートの適用はパソコンに接続して行う。サムスン電子が提供するPC向けソフトウェア「Samsung Kies」を使い、ファイルをダウンロード、アップデートを適用という形だ。

詳細は下記リンク先でチェックしてほしい。

なお、GALAXY Tabはスマートフォンではなくタブレット製品なので、Android 3.0(開発コード「Honeycomb」)へのアップデートも気になるところだが、サムスン電子は4月時点では検討中としていた。そもそもHoneycombのコードはGoogleが公開しておらず、メーカーも対処できない状況にある。そこでまずはGingerbreadを提供するとの考えを示していた。

UPDATE
アップデート内容詳細を追記するとともに、本文を修正。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/GALAXY S SC-02Bのバージョンアップ内容
NTTドコモ/GALAXY Tab SC-01Cのバージョンアップ内容
GAPSIS/サムスン電子、GALAXY TabにAndroid 2.3(Gingerbread)へのアップデートを6月に提供予定。Honeycombは検討中
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑