シャープの電子書籍端末の発表会は27日13時半より。ティザーサイトも公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
シャープが27日に電子書籍端末の詳細を発表することは周知のことだが、具体的時間も判明している。SankeiBizは同社が27日13時半より電子書籍事業戦略についての発表会を開催すると伝えた。

同社はAndroidをベースにした電子書籍リーダー端末の開発を進めており、ディスプレイのサイズ違いで2モデル投入する予定。1つは5.5インチで比較的手軽な持ち運びやすいサイズ。2つ目は10.8インチの大型ディスプレイを搭載したモデルだ。10.8インチ版では新聞や雑誌などの大判のデータも読みやすいものと期待される。さらに、これらの端末では次世代電子書籍フォーマット、「XDMF」ファイルに対応する。

端末のプラットフォームはAndroidをベースにしているため、メインキーや操作体系は同OSを搭載したスマートフォンなどと同様になる模様。マルチタッチにも対応し、文字サイズをスムースに変更することができる。また、新聞や雑誌などのコンテンツでは、写真サイズはそのままに文字のみを拡大する、といったことなども可能。

また、インタラクティブな要素を含んだコンテンツを楽しむこともできる。例えば、雑誌などでは動画、音楽などを組み込むことが可能だ。紙ベースの媒体ではできないことを実現し、それを楽しむことのできる端末としてリリースされる予定。とはいえ、こういった要素は米Appleのタブレット「iPad」でも可能であるため、市場の雄への戦いは決して楽なものではなさそうだ。さらに、電子書籍市場ではE-Inkディスプレイを備えた純粋な電子書籍リーダー端末の存在も侮れない。米AmazonのKindle、ソニーのReaderシリーズなどは単に書籍データを読むだけであれば、非常に快適な体験を提供してくれる。液晶ディスプレイと異なり、発光しない電子ペーパー・ディスプレイを採用している為、見た目は紙の印刷物と変わりなく、また、目へのストレスも劇的に少なくなる。

各種メーカーから様々な端末が投入されてくる市場だが、シャープが投入する電子書籍端末はライバルに立ち向かえる可能性も考えられ、注目を集めている。発売日や価格を含めて、詳細発表を待ちたいところだ。

なお、記事のタイトルに記したように、シャープはティザーサイトを公開している。リンクは下記を参照。


【情報元、参考リンク】
SankeiBiz/9月27日のイベント情報
シャープ/電子書籍端末のティザーサイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑