Android向けFirefox(Fennex)の正式版リリースは2010年末以降

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Mozilla Japanが30日、モバイル向けブラウザアプリ「Firefox for Mobile」(コードネーム:Fennec)の今後の開発スケジュールを公表したことが明らかになっている。同社の発表内容の詳細を伝えたInternet Watchによれば、Firefox for MobileはMaemo向けのバージョン1.1が7月にリリース、バージョン2.0が2010年末から2011年に公開される予定だという。そして、Android版はバージョン2.0からの登場予定となり、時期はMaemo版と同じく年末から2011年にかけてとなるようだ。

モバイル向けFirefoxはPC向けFirefoxと同じレンダリングエンジンを採用しつつ、スマートフォン向けにUIが調整されたアプリになる。Firefox 4に搭載されるエンジン「Gecko 1.9.3」を採用することから、基本的には同じ体験をモバイル端末でも得ることができる。当然HTML5やCSS3にも対応する。

また、PC版Firefoxとモバイル版アプリには連携機能が導入される為、環境を同期させることができる。例えばPC版のFirefoxのブックマークや履歴をモバイル版で同期して利用することが可能だ。同期できる情報はブックマーク、履歴のほか、各サイト別のログイン情報、各種設定まで広範囲に及ぶ。PCでのインターネット・ブラウジングにFirefoxを利用しているユーザーにとっては非常に快適な環境を手に入れることができるはずだ。

なお、Android向けFirefoxの動作要件はAndroid 2.1以降。

実際にリリースされる頃には既存の国内Android端末では「Xperia」「HTC Desire」が利用可能機種になるだろう。「HT-03A」「IS01」「LYNX(SH-10B)」は現時点ではOSアップデートの予定が判明しておらず、対応可否が不明だ。Xperiaは海外では今年の第三四半期以降、国内では秋以降にバージョン2.1にアップデートされる予定。いずれにしてもFirefox for Mobile 2.0のリリースまでには間に合うだろう。また、秋以降にNTTドコモから発売される予定の「Samsung Galaxy S」をベースにした端末でも利用できるはずだ。

【情報元、参考リンク】
Internet Watch/Android版Firefoxは2010年末以降の公開、Mozillaが方針を説明
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑