【島田純のMobile×Travel】第96回:札幌のシェアサイクル「ポロクル」を試してみる!(前編)

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
北海道・札幌の中心部で提供されているシェアサイクル「ポロクル」を試してみました。「ポロクル」は2011年に本格提供が開始されているサービスのため、札幌市内および近隣に在住の方には既にお馴染みかもしれません。

<▲図:サービスを試すきっかけになった、札幌駅西口のポート>

筆者は年に何度か札幌を訪問していることもあり、シェアサイクル「ポロクル」の存在は以前から認識していましたが、筆者が主に利用するエリアである札幌駅の南側には、ちょうど良いサイクルポートが近くにありませんでした。そのため、札幌駅を起点に移動することを考えると、自転車をレンタル/返却できるポートが十分とは言えないことがネックでした。

しかし、2017年7月に新ポートとして札幌駅西口の「札幌駅西口sapporo55ビル前」ポートが新設されたことで、「近隣駅から札幌駅までの移動手段」としてもググッと使いやすくなったことをきっかけに、今回サービスを使い始めてみました。

<▲図:「ポロクル」のサイクルポート(駐輪場)>

「ポロクル」は会員登録が不要で使える「1日パス」および「15時パス」(15時〜21時まで利用可)などのパスが「ポロクルカウンター」などで販売されているほか、会員登録を行うことで「1回プラン」と「1カ月プラン」が利用可能となります。

■ポロクルの利用料金
[会員登録不要]
1日パス:利用開始から24時間後まで利用可、1,080円
15時パス:15時〜21:00まで利用可、540円
※各種料金は税込

[会員登録必要]
1回プラン:108円/60分
1カ月プラン:1,620円/1カ月
※各種料金は税込、1回あたり60分を超えると、30分ごとに108円が発生する。

今回は、会員登録を行ったうえで「1回プラン」を利用してみました。

会員登録には、「ポロクル」をレンタル・返却する際に「鍵」として使うためのSuica・PASMOなどのFeliCa搭載の交通系ICカードやおサイフケータイのほか、クレジットカードが必要となります。会員登録は、パソコンやスマートフォンから「ポロクル」のWebサイトにアクセスして手続を行うか、おサイフケータイ対応端末を持っている場合は、「ポロクル」ポートで行うこともできます。

現地に在住していない旅行客や出張客が利用することを前提に考えた場合、おサイフケータイ対応のスマートフォンや携帯電話があると、他の方法と比べてカンタンに登録手続が完了しますのでオススメです。

おサイフケータイ対応のスマートフォン・携帯電話から手続を行う方法は以下になります。

<▲図:ポロクルのスマートフォン向けサイトで会員登録する>

「ポロクル」の初回会員登録フローは、

(1)約款確認
(2)登録番号の取得(空メールを送信する)
(3)ユーザ情報入力、プラン選択
(4)クレジットカード情報登録
(5)仮登録完了
(6)サイクルポート(駐輪場)で「本登録」を行う

Webサイト上での登録手続(1)〜(5)までが完了した後、サイクルポートにて本登録手続を行います。サイクルポートにある、「登録はこちら」と書かれているエリアにおサイフケータイをかざし、再び空メールを送信することで本登録が完了しました。

<▲図:サイクルポート(駐輪場)のリーダーにかざして本登録を行う>

一連の登録を通じて感じたのは、「空メールを送って会員登録」という登録方法が、携帯電話の無料コンテンツの登録を思わせる方法でやや懐かしく感じると同時に、携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン)を触らずにスマートフォンを使い始めた世代からすると、やや違和感を感じるかもしれません。

Webサイト上での仮登録を終えた後、サイクルポートにて本登録が完了すると、晴れて「ポロクル」が利用可能となります。

「ポロクル」をレンタルする際の手続はカンタンで、ポートに設置されているリーダー部分に、おサイフケータイやFeliCa搭載の各種交通系ICカード、または1日パスなどをかざすだけです。これで自転車を借りることができます。レンタル開始手続が正常に処理されると、「ピンポーン(効果音)♪出庫します」というガイダンスが流れます。

<▲図:サイクルポート(駐輪場)のリーダー部分にかざしてレンタル/返却>

会員登録を必要としない「1日パス」は、札幌駅構内の「北海道さっぽろ観光案内所」や、「ポロクルカウンター」、一部ホテルなどで販売されています。会員登録やクレジットカード情報登録などのフローが手間に感じる場合は、「1日パス」あるいは「15時パス」(ポロクルカウンター限定販売)を購入するのも良いでしょう。

次回は、実際に「ポロクル」を使ってみて感じたことなどをレポート予定です。

次回記事はこちらです。

【関連サイト】
ポロクル


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑