ドコモのLTEが下り最大682Mbpsに。N-01Jが対応。Xperia XZとV20 PROも500Mbps対応に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は7日、国内の通信会社としては現時点で最速となる下り最大682Mbpsのサービスを9日より提供開始すると発表した。このサービスは「256QAM」と「4×4 MIMO」という技術を導入することで実現。まずは東京23区、名古屋市、大阪市など、東名阪エリアの35都市から提供する。

<▲図:下り最大682Mbps対応のN-01J>

さらに、下り最大682Mbpsではなく下り最大632Mbpsのサービスも同日より提供開始となる。こちらは東名阪以外の40都市から対応となる。

そのため、「下り最大682Mbpsのサービスも含めた下り最大632Mbps以上のサービス」という括りで言えば全国75都市で9日より提供されることになる。この括りでは、3月末までに、合わせて約130都市で利用可能になる予定。

対応機器は9日発売のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」から。

なお、スマートフォンでは、「Xperia XZ SO-01J」と「V20 PRO L-01J」が256QAMに対応していて、9日から下り最大速度が375Mbpsから500Mbpsに向上することになる(対応エリアにおいて)。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Wi-Fi STATION N-01J製品ページ
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑