ポケモンGO(Pokémon GO)が日本での配信開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Niantic, Inc.は日本時間22日、株式会社ポケモン、任天堂などと共同で開発したスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」をリリースした。一時、20日や21日にリリースされるとの噂が流れたが、最終的には22日に登場し、日本市場での夏休みのスタートにほぼタイミングを合わせてリリースすることができたことになる。

<▲図:連携アカウントはGoogleかポケモントレーナークラブのいずれか>

アプリはAndroid版とiOS版が用意され、どちらも基本プレイ無料のアイテム課金制という料金体系での提供となる。Google Play、App Storeからダウンロード可能だ。

注意したいのは、インストール時のログインアカウント作成について。

ポケモンGOをプレイするには、「Google」アカウントか「ポケモントレーナークラブ」のアカウントが必要になる。Androidユーザーの場合は、基本的にGoogleアカウントを作成しているはずなので、そのままGoogleアカウントで始めてしまって構わない。iPhoneユーザーでももちろんGoogleアカウントでもいい。

しかし、Googleアカウントでの連携をしたくない場合や、すでにポケモントレーナークラブのアカウントを持っている場合などはポケモントレーナークラブのアカウントを使えばいいだろう。

ところが本記事執筆時点では、ポケモントレーナークラブのサービスが混雑しており、新規アカウントの作成などができなくなっている(日本版については)。しばらくすれば作成できるようになると思われるが、どうしても日本語及び日本版のサイトからアカウントを作成したい場合には待つしかない。しかし、実は米国版のサイト(記事末尾にリンク掲載)でポケモントレーナークラブのアカウントを作ることなら現時点でもできる。どうしても今すぐポケモントレーナークラブのアカウントを作ってプレイしたい、という方はこちらを選ぶしかないかもしれない。

アカウント作成に必要な項目は「Date of Birth」(誕生日)、「Country」(国)、「Username」(ログインする際のID)、「Password」(ログインする際のパスワード)、「Confirm Password」(パスワードを再入力)、「Email Address」(Eメールアドレス)、「Confirm Email」(Eメールアドレスを再入力)で、最後にメールマガジンの購読を希望するかどうかのチェックボックスがある。CountryはJapanを選べばいい。

また、ポケモンGOは端末の位置情報などを利用するゲームなので、最初にその許可を問う画面も表示されるが、それらは許可しておこう。

なお、13歳未満の方がプレイする場合は、こちらのページで保護者の方とともに注意事項を確認しておこう。

<▲図:ポケモンGOをプレイする際には常に周囲に注意しよう>

<▲図:右画面のようにポケモンGOのフィールドは現実世界の地図なので、画像をネット上にアップロードする際には注意しよう。特に自宅付近の画像などの際には細心の注意が必要だ>

ポケモンGOのアプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
ポケモン公式サイト
ポケモンGO公式サイト
ポケモントレーナークラブ(日本語版)
ポケモントレーナークラブ(米国版)

©2016 Niantic, Inc. ©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑