PepperがAndroidに対応。Android向けSDKのベータ版は本日より提供開始。開発者向けモデルは7月から販売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは19日、人型ロボット「Pepper」をAndroidに対応させ、7月から開発者向けモデルを先行販売すると発表した。それに先立ち、Androidプラットフォーム上でロボアプリの開発が可能になる新しいソフトウェア開発キット(以下、「SDK」)「Pepper SDK for Android Studio」のベータ版が19日から提供開始となった。

<▲図:今や様々な場所で見かけるようになったPepper>

PepperがAndroidに対応することで、Android向けアプリの開発者は、すでに持っている知識や技術を活用してPepper向けのロボアプリを開発することができるようになる。

特にAndroidアプリの開発者は世界中に多くいるため、Pepper向けロボアプリ開発の裾野が大きく広がることになる。

なお、従来のSDKである「Choregraphe(コレグラフ)」も継続提供される。Choregrapheで開発されたロボアプリはAndroidに対応したPepperでももちろん動作する。

Pepper SDK for Android Studioは下記リンク先のページからダウンロードでき、料金は無料。
Hello, World! Meet Pepper.

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑