女性向け定番まとめアプリ「MERY」がファッション誌を創刊。3月25日に5万部発売決定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
女性向けのまとめアプリ「MERY(メリー)」を提供・運営するペロリは25日、MERYから生まれた同名のファッション誌を全国の書店・コンビニエンスストア等で販売開始する。雑誌不況と言われる中、創刊号から5万部が用意され、アプリとの連動企画も盛り込まれる。

<▲図:表紙を飾るのは有村架純さん>

さらに、付録も用意される。付録の「キキ&ララ×MERYのオリジナルフォトプロップス」は、事前に5パターンのデザインをアプリ及びMERYのWeb版で読者に公開し、「LOVEボタン」による投票を募り、5万件を超える投票の中からもっとも人気があったデザインを選んでいる。

<▲図:付録の「キキ&ララ×MERYのオリジナルフォトプロップス」>

MERYはいわゆる「キュレーション」アプリで、様々な情報・記事を集めたもの。ターゲットを女性に絞り、ファッション、メイク・コスメ、ヘアスタイル、美容、グルメ、恋愛、ライフスタイル等の情報を手軽にチェックでき、流行の服や雑貨など、人気のアイテムを見つけやすいのも特徴の一つ。

<▲図:アプリ版のMERYについて>

人気アプリの調査では必ずと言っていいほど、女性ユーザーでは上位にランクインしてくるアプリで、月間のユニークユーザー数は2,000万を超える。

今回新たに登場するファッション誌版のMERYは、「毎日かわいいを育てる22のこと」を全体テーマにしており、女子が毎日可愛くなるための22個のガールズトレンド(ファッション、ビューティー、カルチャー)を届けていく。

そして、アプリ・Web版との連動企画も用意される。

例えば雑誌に掲載されていないオフショットやスピンオフ企画はアプリ版のMERYで楽しめるようにされたり、高橋愛さんのスニーカー企画では雑誌ではお気に入りスニーカーを紹介し、アプリではスニーカーの靴紐の結び方を紹介するなど、お互いに補完するような連携もある。

また、雑誌で紹介されるアイテムの一部は、アプリ版の連動記事から購入することもできる。

<▲図:雑誌側での高橋愛さんのスニーカー企画>

<▲図:アプリ側でのスニーカー企画>

さらに、雑誌と連動して6つのハッシュタグ(#mery_nail、#mery_pink_pink_pink、#mery_sneaker、#mery_cosme、#mery_cat、#mery_diy)を使ったInstagramキャンペーンも実施される。

MERYのアプリはAndroidとiOS向けに用意され、無料で利用できる。




【情報元、参考リンク】
「MERY」公式サイト
Google Play/「MERY」
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑