ツタヤのスマホTONEが1日8000歩・速歩き20分でTポイント付与のサービスを提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
トーンモバイルは17日、同社が提供するスマートフォンサービス「TONE」において、東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チームの医学博士の青栁幸利博士監修のもと、“奇跡の研究”と言われる中之条メソッドをTONEのサービスに実装すると発表した。


これだけでは何のことか分からないと思うが、具体的には、健康管理機能を持つサービス「ライフログ」(上図参照)をアップデートし、ユーザーの年齢に応じた1日に必要な歩数・活動量に対して、実際の成果を記録したり不足量を確認したり、日々の傾向を可視化したりと、ユーザーの健康管理ができるようにした。

さらに、健康管理のモチベーションを上げるため、1日8,000歩の徒歩&速歩きを20分行うことで「Tポイント」が1ポイント付与される。毎日この目標をクリアすれば30日間で30ポイント貰えることになる。

とはいえ、1ポイントでは「ポイントを動機」として取り組む気にはならないかもしれない。やはり自分自身の健康を維持するため、というのが最大の目的で、ポイントはおまけというのが現実だろう。しかし、通常よりも多くのポイントがもらえるキャンペーンやイベントなども実施される見込みなので、それらも動機の一つになるかもしれない。

青柳博士によれば、1日に8,000歩以上、そして中強度の運動として速歩きを1日に20分以上続けることで、日本の医療費の3分の2を占める様々な病気の予防に明確な効果があるという。

この目標をクリアし続けると、「寝たきり」「うつ病」「認知症」「心疾患」「脳卒中」「がん」「動脈硬化」「骨粗しょう症」「高血圧症」「糖尿病」といった生活習慣に関わる10の疾患の発病リスクを10分の1に抑えられるという。

これは群馬県中之条町の65歳以上の高齢者約5000人を対象に、15年間に渡って行われた研究の結果分かったこと。1年間の平均歩数(1日)、平均中強度活動時間(1日)と有病率・発症率の関連性を調べたところ、歩数と中強度活動時間が増すほど、有病率・発症率が低くなることが判明したという。

冒頭で紹介したように「ライフログ」では1日の活動量が20分及び8,000歩を超えると自動的にTポイントが1ポイント付与される。

TONEは「持っているだけで健康になるスマホ」を目指す。

【情報元、参考リンク】
トーンモバイル/プレスリリース
TSUTAYAのスマホ 「TONE」
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑