F1公式アプリが2016年シーズンに対応。既存アプリのアップデートでOK

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Formula One Digital Media Limitedは3日、スマートフォン向けの公式F1アプリ「Official F1 App」の最新バージョンをリリースした。最新バージョンでは3月18日にオーストラリアのメルボルンで開幕する2016年シーズンに対応している。すでにカレンダー(レース日程)は更新済みだ。

<図:Official F1 Appのロゴ>

F1ファンは忘れずにインストールしておこう。既にインストール済みの方も多いと思うが、その場合はアップデートをしておこう。

なお、Official F1 Appは基本機能は無料だが、「ライブタイミング」機能は有料プランに加入しないと利用できない。有料プランは年額支払いの場合は3,200円、月額支払いの場合は300円となっている。

<図:カレンダーは2016年シーズンに更新済み。右図はメニューを開いたところ>

ライブタイミングではフリー走行、予選、決勝レースにおける各ドライバーのポジション、ラップタイム、装着タイヤ、そしてサーキット上のどこにいるかの位置表示をリアルタイムで確認することができるので、テレビ視聴時のお供に最適だが、なかなか完璧とは言えないデキで、時には止まったり更新に遅延が生じたり、いろいろと微妙な点もあるので、月額プランで試してみることをオススメしたい。もちろん、アプリ自体のデキやサーバー側の問題だけでなく、自宅のWi-Fi回線や通信会社のLTE回線などの状況にもよると思う。

<図:左図はライブタイミング機能のイメージ。右図はチーム情報>

他にはF1のニュース(英語)や動画、リザルトや順位表なども閲覧できる。

<図:ニュースと動画の閲覧が可能>

チームとドライバーの情報は完全には更新されていない。例えば新生ルノーは元の「Lotus」のままだし、マルドナドがまだ記載されている。しかし、この辺りの情報は追々更新される。

今年こそマクラーレン・ホンダには期待できるかもしれないので、新シーズンの開幕、そして各チームの新車の発表とテストが楽しみだ。2015年はマクラーレン・ホンダ陣営のドライバー、スタッフ、そしてファンにとっても耐え忍ぶ一年だったが、2016年は上昇気流に乗り、新たなマクラーレン・ホンダ伝説の幕開けとなってほしい。

アプリは下のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
Formula 1公式サイト
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑