Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

グリーとLINEがゲーム事業で協業。グリーのスタジオ開発アプリがLINE GAMEで登場へ

グリーとLINEは4日、ゲーム事業においてマーケティングパートナーとして協業することになったと発表した。今回の協業により、グリーのアプリ開発スタジオ「Wright Flyer Studios」がパブリッシャーとなり開発・企画・運営を担当したコンテンツがLINE GAMEプラットフォーム上で展開されることになり、そのマーケティングはLINEが担当する。

<図:タイトルロゴや天野氏のイメージイラスト(右図)>

まず最初に登場する予定のコンテンツはアクションRPG「追憶の青」で、2016年上半期中にリリースされる予定だ。

「追憶の青」は、戦乱の世を生き抜く青年「フリオ」と、彼に関わる人々の軌跡を描いたストーリーと、滑らかに動く2Dアクションを手軽に楽しめる点が特徴のゲーム。他のプレイヤーと協力して戦う最大3人での共闘プレイや対戦プレイも導入される。

イメージイラストは「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる天野喜孝氏が担当し、サウンドはベイシスケイプの岩田匡冶氏、シナリオは「テイルズ オブ」シリーズなどを手がけてきたRomanceworkの田中豪氏、松元弘毅氏が担当するなど、豪華クリエイター陣を起用している点も非常に大きな魅力だ。

<図:開発中のゲーム画面>

アプリはAndroid版とiOS版が開発中で、料金体系は基本プレイ無料のアイテム課金制になる。



【情報元、参考リンク】
「追憶の青」公式サイト
LINE/プレスリリース

(c) Wright Flyer Studios

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件