シヴィライゼーションII開発者による文明創造シミュレーション「ドミネーションズ」

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ネクソンがパートナーシップを締結している米Big Huge Games(以下、ビッグ・ヒュージ・ゲームズ社)が開発し、グローバルで累計1700万ダウンロードを突破しているスマートフォン向けの歴史ストラテジーゲームアプリ「DomiNations(ドミネーションズ)」を紹介したい。

<図:ドミネーションズの舞台は石器時代から宇宙時代まで>

ビッグ・ヒュージ・ゲームズ社は「Civilization II」(シヴィライゼーション)、 「Rise of Nations」の開発者として知られるブライアン・レイノルズ氏とティム・トレイン氏が共同で創業した独立系のゲームメーカーで、同社の処女作がドミネーションズだ。

シヴィライゼーションといえばシド・マイヤー氏の名前が真っ先に思い出されるが、最初のタイトルと「Civilization Revolution」を除く作品ではマイヤー氏は監修のみで、実際の制作はレイノルズ氏らが担当している。

彼らの過去作からも想像できるように、ドミネーションズも文明創造ストラテジーだ。記事のタイトルでは文明創造シミュレーションと書いたが、実際には「Age of Empires」などのようなストラテジーの方が近い。日本では実際にストラテジーを遊んだことがある方やゲームに詳しくない人の場合、ストラテジーもシミュレーションジャンルに分類することが多く、分かりやすさからシミュレーションと記した。

ゲーム概要は下に掲載したプロモーション動画で基本的な雰囲気は掴めると思う。その下には開発スタッフインタビュー動画も掲載している。





ドミネーションズでは石器時代から宇宙時代までを対象に、自分の国を発展させていき、文明を育てていきながら、他国・他の文明と戦っていく。

<図:ゲーム画面のイメージ>

プレイヤーは実存する国・文明を選び、人類の歴史の発展に伴い変化していく文明の姿を楽しめるわけだが、歴史上の偉人も登場する。もちろん日本も選べる。シミュレーション系のゲームやストラテジー、歴史物に関心がある方向けの作品だ。マルチプレイで世界中のプレイヤーとの共闘・対戦も可能となっている。

<図:日本も含めた国・文明を選ぶことができる>

<図:世界中のプレイヤーとの共闘・対戦が可能>

処女作から大ヒットとなった同社だが、日本市場ではこれから。グローバルではすでに人気作だが、海外での人気作品が日本でもヒットするまでにはタイムラグがあるのは「キャンディークラッシュ」シリーズなどを見ても同じで、ドミネーションズもこれからだ。

ナポレオンや織田信長などの歴史的英雄との共闘やピラミッドなどの歴史的建造物の建設などもでき、歴史好き、シミュレーション/ストラテジー好きにはオススメのタイトルだ。

なお、4日からは「クラウンボーナスイベント」、6日からは「農場&キャラバン生産量アップイベント」が開催される。

アプリはAndroidとiOSに対応し、基本プレイ無料のアイテム課金制。下のリンク先からダウンロードできる。




(C) 2016 NEXON Korea Corporation. & Big Huge Games & NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.


【情報元、参考リンク】
「ドミネーションズ」公式サイト
Google Play/「ドミネーションズ」
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑