国内最大級のアプリ専門イベント「APPS JAPAN 2015(アプリジャパン)」が6月10日~12日に幕張メッセで開催!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アプリビジネスを牽引する、アプリの祭典「APPS JAPAN 2015」(アプリジャパン2015)が10日から12日までの3日間、千葉県の幕張メッセで開催される。昨年から始まったアプリジャパンだが、今年も「INTEROP」「DSJ(デジタルサイネージ ジャパン) 2015」「Location Business Japan 2015」などのイベントとの併催となるので、同期間に幕張メッセに足を運べば、他のイベントを見て回ることも可能だ。

今年のアプリジャパンの基調講演はSNS ファウンダーの堀江氏

昨年は併催イベントも含めて3日間合計で約13万人が足を運んだ。3日間のうち2日間が雨だったにも関わらず盛況で、同時開催イベントの中では新顔だったアプリジャパンの会場にも人が集まっていた。

今年も、展示ブースのほか、同時開催イベントに関するものも含めて様々な講演が予定されている。

アプリジャパン向けの講演では、堀江貴文氏による「IoTの世の中が変わるのか!?」というテーマのセッションが10日12時20分から13時まで行われる予定だ。11日にはCerevoの代表取締役、岩佐琢磨氏による「アプリ&通信の視点から見たIoTのトレンド」も予定されている。他にも多様なテーマで数多くのセッションが用意されているので、足を運ぶ方は事前に公式サイトをチェックしておこう。

具体的にどのような出展企業、出展内容があるイベントなのか? というと、「アプリ」と一言でいっても、スマートフォン向けのゲームなどを指すわけではなく、ウェアラブル端末やスマートTV、デジタルサイネージ、自動車やロボットなど、様々な分野のデバイスに搭載されるアプリを含んでいる。もちろん、やはりスマートフォンやタブレット向けのアプリが多い。

また、アプリの開発/開発支援ツール、アプリの検証ツール、アプリの広告サービス、各種製品やサービス向けのSDKやAPIの紹介など、開発者や関係者向けの展示も多い。

開発者、関係者、さらにはスマートフォン・タブレット等に関心のある方はぜひ足を運んでみよう。

アプリジャパン2014の様子。この日は雨だったが、大勢の人が訪れていた。

会津ラボのブースで「指さしナビ」アプリを紹介していたなすびさん。
完璧にアプリを使いこなし、営業マン顔負けの分かりやすい説明はさすがだった。

なすびさんがキャラクターとしても登場し、紹介していた「指さしナビ」アプリについて。

入場料は5,000円だが、公式ウェブサイトから事前登録しておけば無料で入ることができる。
アプリジャパン2015 事前登録ページ

なお、イベント概要、展示会場マップなどを手軽に確認でき、「ブースナビゲーション機能」や「イベントめぐり機能」なども搭載したスマートフォン向けの公式アプリもリリースされているので、ぜひ事前にインストールしておこう。
INTEROP公式アプリについて(APPS JAPANの情報も含むアプリです)

【情報元、参考リンク】
APPS JAPAN 2015公式サイト
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑