【島田純のMobile×Travel】第32回:台湾でSIMフリーのASUS製スマートフォン「ZenFone 5 LTE」を購入

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
台湾のASUSTeK Computer Inc.(以下、ASUS)から発売されているAndroidスマートフォン「ZenFone 5」LTE対応モデル(型番はA500KL)を台湾訪問時に購入してみました。

台湾でSIMフリーのZenFone 5 LTEを購入

今回購入したZenFone 5 LTEの販売価格は6,990台湾ドル(約25,000円)と、日本国内向けに販売されている一般的なスマートフォンと比べてかなり安い価格で購入可能となっています。

しかしながら、スペック面ではLTEに対応しているほか、CPUはクアッドコアの1.2GHz、RAMは2GB、ストレージは16GBと、「安かろう悪かろう」というようなスペックではなく、十分なレベルを満たしたものです。

また、上記の画像を見てわかるように、最初から日本語表示および日本語の入力も可能となっているため、日本語表示や入力をできるようにするために面倒な設定をする必要もありません。

主要スペックは下記の通りです。

■ZenFone 5 LTE(A500KL)主要スペック
・モバイルネットワーク:
→GSM 850/900/1800/1900 MHz
→WCDMA DC-HSPA+ 2100/1900/850/900 MHz
→LTE 700/900/1800/2600 MHz
・CPU:Snapdragon 400 クアッドコア 1.2GHz
・OS:Android 4.4 KitKat
・ディスプレイ:約5インチ(1280×720ドット)
・RAM:2GB
・ROM:16GB
・カメラ:リア 800万画素/フロント 200万画素
・バッテリ:2,110mAh
・重量:約145g


販売価格が50,000円を超えるようなハイエンドスマートフォンと比べれば、動作速度が若干遅かったり、解像度がフルHDに対応していないなどの点があるのは事実ですが、価格の安さを考えれば、これらの点は十分に許容できるように思います。

その上、安いスマートフォンにありがちな「質感の安っぽさ」を感じることは無く、むしろ質感についてはハイエンドスマートフォンに近い仕上がりとなっていますので、スペック面と合わせて、実用性は十分で、非常にコストパフォーマンスの高い1台です。

台湾で販売されているZenFone 5 LTEは、台湾のモバイルネットワークに最適化されているため、台湾の通信事業者が提供するLTEサービスでも問題無く利用することができます。

台湾の大手通信事業者3社(中華電信、遠傳電信、台灣大哥大)は、1,800MHz帯(Band 3)に加えて、900MHz帯(Band 8)または700MHz帯(Band 28)を使ってLTEサービスを提供していますが、ZenFone 5 LTEではこれらの周波数がしっかりとサポートされています。

1,800MHz帯(Band 3)は、日本ではNTTドコモ(以下、ドコモ)やワイモバイル(旧イーモバイル)が採用しているほか、世界で多くの通信事業者がLTEで利用している周波数となるため、日本ではドコモから販売されている機種の他にも、SIMフリーで販売されているNexus 5などが対応しています。

SIMロック解除したHW-01Fで台灣大哥大のLTEに接続

国内向けに販売されているNexus 5で台灣大哥大のLTEに接続

ただし、900MHz帯(Band 8)または700MHz帯(Band 28)をサポートするSIMフリー端末は、現時点では国内向けにほとんど投入されていないため、選択肢が非常に限られてしまいます。

ZenFone 5 LTE(A500KL)は、台湾の各社が提供しているLTEネットワークに対応しているため、台湾でLTEを利用する際には非常に心強い一台となるでしょう。

台湾では、2014年9月より台灣大哥大(台湾モバイル)がプリペイドSIM向けにLTEサービスを提供開始しており、旅行者でもLTEサービスを利用することができます。

台灣大哥大のLTEサービス対応のプリペイドSIM

台湾のモバイルネットワークは、少し前までは「3Gでも十分快適!」と言えたのですが、最近はスマートフォン利用者が増加したのか、人が集中する時間や場所では通信速度が低下することが増えてしまったように感じます。

そんな中で、台湾モバイルが提供開始したプリペイドSIM向けのLTEサービスは、より高速なデータ通信サービスを利用したいユーザにとっては嬉しいサービスと言えるでしょう。

ZenFone 5に話を戻すと「格安スマートフォン」と呼ばれる機種に近い価格帯でありながら、必要十分なスペックを備えているので、通信料金が割安なことで人気を得ているMVNOのサービスと相性は良いでしょう。

なお、ASUSは10月28日(火)に「禅」をテーマにした新製品を国内向けに発表することをティザーサイトにて公開しており、ZenFoneシリーズの国内投入に期待ができそうです。

UNLOCK THE FUTURE 新たなる境地へ


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑