【EXPANSYS SIMフリー情報局】第27回:低価格帯が魅力の国内未発売Motorola Moto GとNokia Lumia 525を紹介

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
《Moto GとLumia 525の概要》

Google傘下のMotorolaが、スペックをミドルスペックに抑え、低価格路線のAndroidスマートフォンとして発売したのがMoto Gだ。一方、Nokiaが同様の路線で発売したのが、Windows Phone 8搭載のLumia 525だ。 Lumia 525は、Lumia 520の後継機で、メインメモリーがLumia 520の512MBから1GBに強化されているのが特徴。

Moto G(色はブラック1色で、8GBと16GBがある)

Lumia 525オレンジ(その他、ブラック、ホワイト、イエローもあり)

Moto Gは、ブラックのボディカラーに、4.5インチLCDディスプレイ搭載で、解像度は1280 x 780 ピクセル(336 ppi)。Moto Gのデザインはマット仕上げで持ちやすいグリップ感が特徴。

マット仕上げで持ちやすいグリップ感が魅力のMoto G

Nokia Lumia 525は、本体の表面は光沢感を高めた処理となっており、LumiaシリーズのローエンドモデルLumia 520のつやを抑えた処理とはイメージがかなり異なる。Lumia 520は、EXPANSYSでも人気のWindows Phone 8機なのでNokiaとしてもローエンド路線を強化していく方向でこの機種をマイナーアップデートしたのかもしれない。

左がLumia 525ブラック、右がLumia 525オレンジ

Nokia Lumia 525は、バッテリーとSIMカードが取り外し可能で、Moto Gはバッテリーの取り外しは不可となっている。

Lumia 525はバッテリーとSIMカードを取り外し可能

Moto Gはバッテリーを取り外せない

ソフトウェア面については、Moto Gは、OSにAndroid 4.3(Jelly bean)を採用しているが、Andriod 4.4.2(Kit Kat)へのアップデートもできる。アップデート方法は下記リンク先をご参照頂きたい。

Android 4.4.2へのアップデート方法について

Moto G

一方のLumia 525はOSにWindows Phone 8を搭載している。

Lumia 525


《Moto GとLumia 525の仕様》

仕様 Moto G Lumia 525
OSAndroid 4.3 Jelly BeanWindows Phone 8
CPU1.2 GHz / クアッドコア / Qualcomm Snapdragon 4001 GHz / デュアルコア / Qualcomm Snapdragon S4
メモリ内蔵ストレージ: 8 GB
RAM: 1 GB
内蔵ストレージ: 8GB
RAM: 1 GB
ディスプレイ4.5インチ、LCD、1280×7204インチ、IPS-LCD、800×400
カメラメイン:5MP、LEDフラッシュ、動画:720p
サブ:1.3MP
メイン:5MP、オーディオフォーカス、720p
ネットワーク3G: 850/900/1900/2100 MHz
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
3G: 900/2100 MHz
GSM: 850/900/1800/1900 Mhz
SIMカードmicroSIMmicroSIM
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/nIEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth4.0+A2DP4.0
バッテリー2000mAh1430mAh
サイズ129.9 x 65.9 x 11.6 mm119.9 x 64 x 9.9 mm
重さ143g124g
カラーブラックブラック、ホワイト、オレンジ、イエロー

Moto Gは、2万円台(1月22日現在、8GBが24,193円、16GBが28,227円)という低価格帯ながらクアッドコアプロセッサーを搭載しており、バッテリーも長持ちだ。Lumia 525は、2万円を切る低価格ながらもバランスの良い機能を備えたWindows Phoneのエントリーモデル、Windows Phone 8最初の一台としても是非おすすめしたいスマートフォンだ。


《アプリご紹介》

WhatsAppのアイコン
今回は、香港のモバイルユーザーの間で一般的に利用されているスマートフォン向けのインスタントメッセンジャーアプリ「WhatsApp」をご紹介したい。

WhatsAppは、iPhone、Android、BlackBerry、Nokia 端末での利用が可能で、Windows Phone Appギャラリー、AppleのApp Store、Google Playからダウンロード可能だ。

WhatsAppは既存のインターネット接続(3Gまたは Wi-Fi)を通じてメッセージの送受信、音声ノート、画像、動画メッセージの共有が可能。初年度は無料で、2年目以降は年間0.99ドルかかる。

WhatsAppでは、携帯に登録されているすべてのコンタクト先が、WhatsAppユーザーインターフェイス内で使用でき、グループを作って友達同士のコラボレーション型メッセージのやり取りをすることが可能だ。Facebookメッセンジャーよりも、より早くやり取りできるため、非常に便利なツールである。通話料金を気にすることなく海外の友達ともチャットすることができる。


Windows Phone向けのWhatsApp

今回は低価格帯が魅力のMotorola Moto GとNokia Lumia 525をご紹介したが、いかがだっただろうか? iPhoneを使用している方でも、Android、Windows Phoneの入門機をお探しの方で気になった場合は、ぜひEXPANSYSで購入してみて欲しい。

なお、EXPANSYSのサイトでは、海外各国のプリペイドSIMカードの買い方として、アジア各国の状況を紹介しているので、海外に行く方は是非ご参考にしてほしい。
http://www.expansys.jp/blog/

【商品サイト】
Motorola Moto G
Nokia Lumia 525


記事執筆者プロフィール
EXPANSYS
ウェブサイト、Twitter:@EXPANSYSJapan
Facebook:EXPANSYS Japan

EXPANSYSは、1998年に創業。SIMフリーのスマートフォン/タブレット、アクセサリを販売するオンラインショッピングサイトを運営する世界的なリーディングカンパニーです。現在では120を越える国々へ商品の発送を行っています。(50か国/地域のサイトで販売を行っており、12のパートナー会社で200を越えるサイト運営をしています。その数は今も尚増え続けています。)本社はイギリスで、EXPANSYS PLCは、ロンドン市場(AIM)に上場しています。コラムは香港よりEXPANSYS Japanの日本人スタッフがお届けしています!

週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑